記事

「3回目接種」に向けて政府も始動 ワクチンの効果はいつまで続くのか

イスラエルのベネット首相の母親も3回目の接種を受けた(写真/AFP=時事)

 8月18日、東京都庁のワクチン大規模接種会場で、あるトラブルが起きた。すでに2回接種を終えていた医療従事者が「3回目」を希望し、接種を受けていたのだ。

【写真】6月30日、ノーマスクで話す河野大臣。袖には約2cmの銀色のカフス

 都は「問診した医師の判断が不適切」であり、再発防止に努めると発表したが、その見解とは“裏腹”に、政府はすでに「3回目接種」に向けた調整に入っている。

 田村憲久厚労相は20日、ファイザーから1億2000万回分の追加供給を受ける協議を行っていることを表明。政府はすでにモデルナからも、5000万回分の追加供給を受ける契約を結んでいる。

 来年初めには医療従事者らを対象に3回目接種を本格化させたい考えだといい、田村厚労相は「世界の状況や結果を分析しながら判断する」としている。

「この前、2回目を打ったばかりなのに、もう3回目を打つの?」と驚く人もいるだろうが、実際、すでに世界では3回目接種が始まっている。

 昨年12月に初回の接種を始めたイスラエルでは、5月下旬に人口の約6割が2回接種を完了し、新規感染者数が1日10人以下にまで減少。ところが6月後半から上昇に転じ、7月21日の新規感染者1336人のうち、2回接種していた人が52%にのぼった。その後も感染拡大は続き、8月初旬には1日2000人を超える事態に陥った。

 そこでイスラエルが踏み切ったのがワクチンの「3回目接種」だった。サムソン・アスタ・アシュドッド大学病院(イスラエル)のタル・ブロッシュ・ニシモフ医師が語る。

「8月から3回目接種を開始しました。最初は免疫不全の患者、次に60才以上の人、50才以上の人という順に、可能な限り全国民に拡大することを決定しています」

 アメリカも9月20日から3回目接種を始めることを表明し、イギリス、フランス、ドイツなどもこの動きに追随しようとしている。

 そもそも、なぜ3回目接種が必要なのか。その理由は、ワクチンによってできた免疫の効果が、時間の経過とともに低下していくことにある。

 ファイザーは、発症予防効果のピークは2回目接種から2か月後までは96.2%で、半年後には83.7%に低下すると発表した。モデルナは2回目接種から半年間は93.2%だったが、抗体の低減が予想されるため、追加接種が必要になるとの見方を示した。また、米大手医療機関によると、現在、世界で猛威を振るうデルタ株に対するファイザーの効果は76%から42%、モデルナは86%から76%まで低下したという。

 そのため、弱ってきたワクチンの効果を高めるブースターとして、3回目を接種するわけである。

「実際に3回目接種を受けた人の感染リスクは、2回だけの人(接種後6か月)に比べて4倍以上低く、入院や重症化のリスクは5~6倍低い。この数字は3回目接種が進めばもっと上がっていくと思います」(ニシモフ医師)

 とはいえ、コロナ対策の「切り札」だったはずのワクチンを何度も打たなければならない状況に、「話が違う」と感じる人も少なくないだろう。

「ワクチンが、新型コロナに対する人類の闘いにおける画期的なゲームチェンジャーになるという当初の目論見は崩れました。それでもワクチンが現在の人類が取り得る感染対策のなかで、最も重要な戦略であることは変わりなく、打ち続けなければならない状況です」(ニシモフ医師)

 例年なら秋にはインフルエンザワクチンの接種も控えている。このままだと、しょっちゅうワクチンを打つことになりかねない。昭和大学客員教授(感染症)の二木芳人さんはこう言う。

「新型コロナは、パンデミックを起こしながら、目まぐるしく変異を繰り返しています。これまで人類が経験したことのない変異の規模とスピードです。

 そもそも、現在日本人が打っている遺伝子ワクチンは安く早く作れる半面、もともと“弱いワクチン”だろうといわれていた。デルタ株が猛威を振るう状況では“2回で終わり”ということにはならないでしょう。新たな変異が生じたりする可能性もあり、新しいワクチンが開発されるまで、3回、4回と接種を重ねることにもなりかねません」

 新型コロナについて、パンデミックが起きた当初、多くの専門家は「5年ぐらい経たないと決定的な変異は起きないだろう」とみていた。しかし、現実は、科学者の想定を上回って、感染力が高く重症化しやすいデルタ株が世界を席巻。さらに、世界を見渡せば南米ペルーなどで猛威を振るうラムダ株など、多数の変異株がある。

 それらが次から次に流行すれば、3回、4回接種どころではなく、短期間に打ちまくらないといけない――ということも考えられるのだ。年がら年中、ワクチンを打っていいのか。体に問題は起きないのか。それはまだ、誰にもわからない。

「高齢者は半年おきに接種」の提言も

 ひとまず3回目はいつ打たなければならないのか。

「アメリカでは、2回目を打った8か月後から3回目接種の承認を行っています。そのため、日本でも同様に、おそらく約8か月後の追加接種になると考えられます」(国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さん)

 世代や生活習慣の違いで前後することも想定される。

 宇都宮病院の研究によれば、2回接種から3か月後の抗体価は、60~70代の人は20代の半分しかなかった。喫煙者は全体の中央値より3割以上も低かった。そのため研究チームは「高齢者は半年おきの再接種が必要」としている。

「3回目」の副反応も気になる。1回目よりも2回目の方が発熱などの副反応が出やすいことが明らかになっている。もし3回目となれば、より重い副反応に苦しめられることになるのではないか。

「基本的に、発熱などの副反応は2回目よりも強く出ると考えられます。さらに、日本人は欧米人よりも副反応が出やすいことも考慮する必要があるでしょう。

 ただし、確実に3回目の副反応が激しくなるとも言い切れません。『免疫寛容』といって、複数回、接種すると、アジュバント(ワクチンの補助剤)に対する免疫応答が緩やかになる例も見られるからです。簡単に言うと、体がワクチンに慣れるということです」(血液内科医の中村幸嗣さん)

 イスラエルで3回目の接種者4500人を調査したところ、副反応が「2回目と同等以下だった」と答えた人は88%だったが、同国の保健機構は「長期的に安全性を調べる必要がある」と慎重な姿勢を保っている。

 海外では1回目、2回目と異なる種類のワクチンを3回目に打つ「異種混合接種」を行う国もある。日本政府も異種混合接種の検討を始めるとしている。

「ワクチンの種類によって有効性、安全性にも大きな差がありますので一概には言えませんが、基本的には、アメリカにおいてデルタ株への有効性や安全性がすでに確認されている同じワクチンの追加接種が望ましいと考えています。ただ、ワクチンの供給不足などの問題で、異なるワクチンにせざるを得ない状況になる可能性もある。また、今後、安全性やデルタ株への有効性が確認されれば、異なるワクチンの追加接種も可能になるかもしれません」(前出・一石さん)

 ただ、1回目がようやく5割、2回目完了がまだ4割でしかない日本の場合、先にやるべきことがある。

「2回接種でも重症化予防の効果は充分にあります。死者や重症者を減らすために、まずは接種できる国民全員に2回接種を実施することです」(前出・中村さん)

 ワクチン接種はこの先も延々と続くのかもしれない。

※女性セブン2021年9月9日号

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  6. 6

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  10. 10

    眞子さまと小室氏の結婚に米では歓迎ムード「ロミオとジュリエットみたい」

    NEWSポストセブン

    09月20日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。