記事
  • ロイター
  • 2021年08月28日 00:50 (配信日時 08月28日 00:42)

米個人消費支出、7月は0.3%増へ鈍化 コアPCE物価も和らぐ


[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日発表した7月の個人消費支出は前月比0.3%増と、6月の1.1%増から鈍化した。自動車の供給不足から対面サービスの伸びが抑制された。新型コロナウイルス感染が再び増える中で、経済成長が第3・四半期に鈍化するとの見方を後押しした。市場予想は0.3%増だった。

6月分は1.1%増と、従来発表の1.0%から修正された。

需要は旅行や娯楽などのサービスに戻っているものの、サービス支出はモノの支出の落ち込みを相殺するほどではない。モノへの支出は自動車を中心とした供給不足も抑制要因となっている。

ただ、BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、サル・グアティエリ氏は「イベントや旅行のキャンセルや商品の供給遅延などに起因する消費に対する明確な下方リスクが存在しているものの、賃金と貯蓄のトレンドが支援的であることを踏まえると、景気見通しで敗北を認めるのは時期尚早だ」と述べた。

モノの消費は1.1%減。半導体不足で自動車生産が影響を受ける中、自動車に対する消費が落ち込んだことが大きな要因となった。娯楽用品のほか、衣料品・履物に対する消費も減少した。

一方、サービスの消費は1.0%増。外食と宿泊を中心に広範な部門で増加した。ただ、デルタ変異株の感染が拡大する中、航空券や宿泊代金の支払いなどが減速しつつあることがクレジットカード利用データで示されている。

物価調整後の消費支出は0.1%減少。6月は0.5%増加していた。

供給網の逼迫が根強く、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で混乱した経済が正常化する中、物価上昇は7月も過熱した。ただ物価上昇はピークを迎えたか、そこに近づいているもようだ。

7月の個人消費支出(PCE)価格指数は食品とエネルギーを除いたコア指数が前月比0.3%上昇と、6月の0.5%上昇から鈍化した。前年同月比は2カ月連続で3.6%上昇だった。2%の柔軟な平均インフレ目標を設ける米連邦準備理事会(FRB)は、PCE価格指数を物価の目安としている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。