記事

アフガニスタンをめぐる国際情勢

 8月15日、タリバンはがアフガニスタンの政権を奪取した。

 2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが発生した。アルカイダが首謀者であり、タリバン政権がリーダーのオサマビンラディンを匿っているとして、米軍は「自衛のため」という名目でアフガニスタンに軍事侵攻した。その結果、2ヶ月でタリバン政権は崩壊し、アメリカを中心とする国々の支援でカルザイ暫定政権が成立した。

 しかし、次第にタリバンは次第に勢力を復活させ、各地で攻勢に出た。一方、新生アフガン政府は、腐敗がはびこり、統治能力に欠け、アメリカの支援がなければ動けないような傀儡政権化していったのである。

 トランプ政権は、タリバンと協議し、2020年2月にドーハで和平合意に署名した。その内容は、タリバンによるテロ活動停止を条件に、2021年5月までに米軍が完全に撤退するというものであり、バイデン政権も、この路線を踏襲し、米軍の撤退期限を8月末までに延長するとともに、テロ停止などの条件は無くしたのである。

 タリバンを育てたパキスタンは、交渉による政権移譲のシナリオを描いていたが、タリバンはそれを受け入れず、両者の関係は悪化している。タリバンは、パキスタン側の思惑をも超える巧妙な動きをして、カブールを無血開城したのである。                    

中国は、今回の事態を歓迎している。それは、アメリカ外交の「大失敗」だからであり、世界の覇権をアメリカと争っている中国が歓迎しないはずはない。

 7月末には、タリバンの指導者、バラダル議長が天津市を訪問し、王毅外相と会談している。中国は、隣国のアフガニスタンから外国軍隊が撤退することを歓迎し、復興支援をすることを約束している。アフガニスタンと友好関係を結ぶことにより、習近平の一帯一路構想がさらに進む。中国はパキスタンとの関係を強化し、「パキスタン回廊」によってグワダル港を利用して、インド洋への拠点を作ろうとしている。そのルートの確保にタリバン政権が協力することは、中国にとって望ましいのである。

 新疆ウイグル自治区における人権弾圧を進めている習近平政権は、イスラム教徒のテロリストが両国間を行き来することを阻止することを狙っているが、その点でもタリバン政権が親中国化するのは好ましい。

 ロシアは、ソ連邦時代にアフガニスタンに軍事侵攻し、10年間にわたって影響力を行使しようとしたが、今回のアメリカと同様に失敗した苦い過去を持つ。当時のソ連は、イスラム過激思想がソ連に流入しないようにするために侵攻したのである。ベルリンの壁崩壊後、ソ連邦から独立した中央アジアのカザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、キルギスはイスラム教徒の住む地域である。

 今では、これらの国がロシアとアフガニスタンの緩衝国となっている。アメリカとの関係が悪化しているロシアにとっては、タリバンの政権掌握はアメリカ外交の失敗を意味し、それを歓迎するのは中国と同じである。しかし、ロシアには、ソ連時代の苦い体験があり、素直に喜べる状況にはない。そして、ロシアもまたテロや麻薬取引が増えることを危惧しているのである。

 日米関係は日本外交の基軸であるが、イスラム圏、とくに中東との付き合い方は、今後の日本の資源戦略にも大きな影響を与える。複眼的な外交政策が必要である。

あわせて読みたい

「アフガニスタン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  8. 8

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。