記事
  • ロイター
  • 2021年08月27日 16:20 (配信日時 08月27日 16:18)

原油先物が急反発、メキシコ湾岸にハリケーンの予報


[シンガポール 27日 ロイター] - 27日の原油先物は、供給不安を背景に急反発。週間で大幅高となる見通しだ。

米国で石油施設が集中するメキシコ湾岸に接近中の熱帯低気圧が週末にハリケーンに発達する可能性が予想される中、石油各社は沖合の石油・ガス生産施設の作業員を退避させている。

OANDAのシニア・マーケット・アナリスト、エドワード・モヤ氏はロイターに「トレーダーが原油価格を押し上げている。メキシコ湾で生産が混乱するとの見方に加え、最近のデルタ株流行が原油需要に及ぼす影響を踏まえ、石油輸出国機構(OPEC)プラスが増産に抵抗するのではないかとの見方が強まっている」と述べた。

0542GMT(日本時間午後2時42分)現在、北海ブレント先物は0.98ドル(1.4%)高の1バレル=72.05ドル。前日は1.6%値下がりしていた。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は0.93ドル(1.4%)高の68.35ドル。前日は1.4%値下がりしていた。

週間では、北海ブレントが11%近く上昇する見通し。週間ベースで2020年6月以降で最大の上昇となる。WTIは週間で10%近く上昇する見通し。同8月以来の大幅上昇となる。

メキシコ湾では、BHPとBPが沖合施設で生産中止を開始したことを明らかにしている。メキシコ湾の海底油田は米原油生産の17%を占める。米製油能力の45%以上はメキシコ湾岸に集中している。

ANZリサーチはリポートで「大型ハリケーンになる見通しだ。メキシコ湾とテキサス州が週明けに大混乱に陥る可能性がある」と述べた。

前日は、複数の米連邦準備理事会(FRB)当局者が量的緩和縮小を主張したことが原油などリスク資産を圧迫する要因となった。

コモンウェルス銀行の商品アナリスト、ビベク・ダー氏は、パウエルFRB議長が講演を行う米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)について「早期の量的緩和縮小が示唆されれば、ドルが上昇し、原油などコモディティーに圧力がかかる」との見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。