記事
  • ロイター
  • 2021年08月27日 00:20 (配信日時 08月27日 00:19)

ECB、7月理事会で指針案を一部修正 意見対立受け=議事要旨

[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が26日に公表した7月22日の理事会の議事要旨によると、政策当局者は、様々な懸念や反対意見を解消するためにいくつかの重要なポイントで指針案を修正していたことが分かった。

ECBは7月の理事会で、先行きの政策指針である「フォワードガイダンス」を変更。今月上旬に打ち出した新戦略に対応するもので、物価の一時的な上振れを容認し、低金利をさらに長期間継続するとした。

政策当局者らは、指針案の内容が2%の物価目標からの意図的なオーバーシュートを意味するのではないか、またはECBが長期的な政策へのコミットを不合理に強いられ信頼性が損なわれるのではないか、などと懸念。最終的には、基本的には長期にわたり金融引き締めに着手しないと確約し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の最初の利上げと、より顕著かつ持続的な物価上昇とを関連付けるという妥協案で合意した。

議事要旨で「修正されたフォワードガイダンス案は大多数のメンバーが支持すると表明した」一方、修正案でも懸念が十分に解消されていないとして「少数のメンバー」が賛成表明を見送ったとした。

一部の政策当局者は、ECBはインフレ率が目標値を下回らないことにコミットすべきとしたが、議事要旨では、そのような要求は「事実上、意図的なオーバーシュートを意味し、ECBの戦略と矛盾すると考えられる」とした。

ECBは9月9日に次回理事会を開催する。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

  10. 10

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。