記事

「時給相場は2500円→1500円に」辞退者が相次いだ"五輪バイト"のつらすぎる現実

1/2

「日本のおもてなし」の裏で振り回された現場

8月8日、開催さえも危ぶまれた東京五輪は閉幕した。ネット上は、各国選手や役員からによる日本への賛辞で溢(あふ)れている。ほぼ無観客下で開催された異例の五輪だったが、ボランティアをはじめとする運営関係者の努力や心遣いが実を結んだ結果ではないだろうか。

柔道会場で応援のため盛り上がる関係者席。手前はマスク着用を促す掲示物を掲げるスタッフ=2021年7月31日、東京・日本武道館
柔道会場で応援のため盛り上がる関係者席。手前はマスク着用を促す掲示物を掲げるスタッフ=2021年7月31日、東京・日本武道館 - 写真=時事通信フォト

こうした人々の努力もあって、選手らには少なからず「日本のおもてなし」を感じてもらうことができ、表向きには感動を呼んだように見える。ところがその裏側では、開催の是非や観客の有無に関する政府の決定の遅さに翻弄され、「ヒトの手配」に振り回された人材派遣会社や、不本意な仕事に従事させられた人々がいる。いったいどんなことが起きていたのか、改めて目を向けてみたい。

無観客開催で大量に集めた人手が不要に

開幕2カ月前になっても新型コロナウイルスの感染状況が改善しない中、「大会へのサポート人員派遣」を準備していた人材紹介会社各社の間では「五輪は中止だろう」という観測が支配的だったという。

ところが、政府が強行開催に傾く中、5月末ごろから「大会の会場運営に携わる関連業者」による、ヒトの手配を希望するオーダーが増えてきた。依頼案件によっては、必要人員が数十人、あるいは100人を超えるものもあった。人材紹介の業界関係者によると「これだけの人数を集めるには普段なら半年間、少なくとも3~4カ月かけて進める規模」なのだという。

五輪とパラリンピックの関係施設に入るための入場証(アクレディテーションカード)の申請締め切りは6月末と定められていることから、慌ててヒトをかき集めた様子が見て取れる。

その後、7月初旬に政府は「無観客開催」を決めた。場内外の誘導や案内係など、観客対応の仕事そのものが蒸発し、あらゆる手を尽くして集めた人員の多くは不要となった。こうして、採用されても仕事がないボランティアやアルバイトは報酬の有無にかかわらず、従事する業務は当初のプランとは大きく変えざるを得なくなった。

ボランティアと有償アルバイトの違いとは

そもそも、今回の東京大会でボランティアとアルバイト(大会の委託業者から有償で雇われた従事者)の仕事の区分けはどのように行われていたのだろうか?

ボランティアは大きく分けて、組織委員会が募集していた人員(当初の募集人数は8万人)のほかに、「シティキャスト」という競技開催自治体が集めていた人員から構成されている。大会運営の大部分はこのボランティアが支えているといっても過言ではなく、いずれも「無報酬」で仕事が割り振られる。

組織委募集のボランティアはその多くが、実際に競技が行われる会場内での補助的活動を行っていたように見受けられた。ともあれ観客を入れた競技がほとんどなかったため、本来の姿が見通せないのだが、学生と思しきボランティアは会場内での入場者への案内や補助業務を担っていた。

一方、シティキャストは国内外からの旅行者に対する観光・交通案内や競技会場までの観客の案内等を行うものだ。東京都をはじめ、競技会場のある自治体がそれぞれ募集し、運営に当たった。

新国立競技場
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Ryosei Watanabe

ただ今回は、実際に観客を入れて実施されたのは宮城県でのサッカーと福島県でのソフトボール、静岡県内での自転車競技にとどまった(茨城県は学校連携プログラムで児童が観戦したのみ)。有料入場者として入れた観客はチケットの総販売枚数の3.5%程度で、その分観客担当ボランティアも9割程度は不要になった可能性が高い。

最大時給2500円が最終的に1000円ダウン

ここまでは、メディアやSNSを通じて賞賛が送られたボランティアの姿だ。ではその陰で、大会の委託業者が引き受けた業務に携わる有償アルバイトの仕事内容と報酬はどのようなものだったのか。

筆者が調べたところでは、募集がピークに達した6月時点で、例えば遠隔地会場でのサポート業務やパブリックビューイング会場での対応、あるいは海外メディア人員へのサポートなどの業務について、時給2000円を超えるような仕事があった。このほか、通行止めとなった道路を通る人やドライバーに迂回(うかい)路を案内する仕事や、会場周辺のごみ拾いなど選手とは直接関わらない、競技会場の外での業務が主だった。中には深夜・早朝帯の業務で時給2500円を超えるものもあった。

ただしこれらの求人は、無観客開催が決まった7月を境に時給がどんどん下がり、1500~1600円程度まで落ち込んでいる。

筆者が観客として競技会場を訪れた際は、競技会場へのゲート(空港さながらの検問所もあった)より外のエリアで、大会の委託業者関連の業務に携わるアルバイトの姿があった。

例えば、観客向けシャトルバスの運行管理をはじめ、炎天下に晒(さら)されるリスクがある駐車場での誘導、さらに関係者と観客が入場前に行う検温作業などだ。なお、必要人数の最適化という面ではどこもおざなりだったようで、どこかしこもヒトが余っているように見受けられた。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。