記事
  • WEDGE Infinity
  • 2021年08月25日 09:33 (配信日時 08月25日 06:00)

コロナワクチンと不妊の誤情報の原因とは 誹謗中傷にさらされながら闘う医師チーム - 田部康喜 (コラムニスト)

NHK「フェイク・バスターズ 新型コロナウイルスと誤情報」(8月10日)は、新型コロナウイルスの感染拡大に対する最大の武器である、ワクチン接種を阻む要因をさまざまな角度から光を当てて浮き彫りにした。国内外の医師で構成するチームが正しい情報の発信によって対抗する、献身的な姿も描いた。

(Olha Khorimarko/gettyimages)

評論家の宇野常寛さんを司会者として、フェイクニュースに詳しいジャーナリストの古田大輔さん、医療情報を発信している外科医の山本健人さんらをコメンテーターに迎えた。

外科医の山本さんはいう。「ネットで情報を収集する習慣があるのであれば、『フィルター・バブル』の危険性を知ったほうがよい」。

「フィルター・バブル(filter bubble)」とは、SNSによって同じアカウントばかりフォローしたり、検索サイトで興味のある検索結果ばかりを読んでいたりすると、偏った情報に取り囲まれることをいう。まるで泡(バブル)の中にいるように、自分が見たい情報しか見えなくなってしまう状態である。

番組では、夫のジュンと妻のユカリ(いずれも仮名)の間で起きた、コロナの誤情報にとらわれた妻を夫がいかにして、正しい情報に引き戻すかがコミックタッチの絵とセリフで描かれた。

妻・ユカリ コロナワクチンは絶対に打たないでね。死ぬかもしれない。SNSでみんながいっている。

夫のジュンは、ユカリのSNSや交流サイトのタイムラインを見た。そこには誤情報があふれていた。

「コロナワクチンを打つと死にます」

「ウソばかりつく政治とメディア」

「ワクチン接種者が周囲に病気をまき散らす」

夫のジュンは次のように語る。

「とんでもないことを言っている人が妻のまわりにいっぱいいた。(妻は)それに対してフォローしていたばかりではなく、『いいね』をつけているのを見て衝撃でした」と。

ワクチンに関する誤情報のなかで、最も拡散したのは「ワクチンと不妊」だろう。政府や専門家が否定しても広がっていった。

番組の取材チームとNHKのネット取材部門が分析をした結果、〝ワクチン不妊デマ〟の発信者をたぐっていくと、約20人の発信者にたどり着いた。彼らの発信がシェアやリツイートされて、今春から若者たちにデマが広がったのである。さらに、この約20人が根拠としていたのは、ファイザー社の元副社長の誤った主張にあった。それは〝ワクチン陰謀説〟である。

SNSビッグデータ解析の専門家である、東京大学院・工学研究科の鳥海不二夫教授は、デマを発信するグループには、主に3つあると指摘する。第1は、世界の外交政策や日本政府を批判するグループ、第2は、犯罪やカルトに興味があるグループ。そして、最後は、「アメリカは一部のエリートやメディアによって支配されている」と陰謀論を主張する「Qアノン」である。

鳥海教授の分析によると、〝ワクチン不妊〟誤情報を1人で500回以上も発信していた人物もいた。鳥海教授は次のように語る。

「デマはデマの顔をしてやってこない。デマにだまされると思っていたほうがいい。だまされても、新しい情報が入ったら、柔軟に考えを変えていかなければだめだ」と。

毎日の発信と質問に答えるドクターたち

「こびナビ(COV-Navi)」は、国内外の日本人医師たち約30人が、誤情報に対抗するために立ち上げた、ホームページとSNSによるサイトである。参加者は全員ボランティアである。ワクチンの効果や副作用について、毎日発信を続けている。

チームのメンバーである、千葉大学医学部附属病院の感染症専門医の谷口俊文さんは「正しい情報なくして、感染症の重症化は防げない」と、「こびナビ」の設立の動機を語る。谷口さんは、忙しい業務の間の休み時間を使って、サイトの読者の質問にも答えている。質問は、1日に約400件も寄せられている。

同じくメンバーの医師・黒川友哉さんと、質問者の応答の例は。

――ワクチンを接種すると、数年後に死ぬと(ネットに)書いてあった。長期的な副反応はどのように考えればいいのか?

黒川 今回のワクチンは、数日以内に体内から消えるので長期的な副反応は考えにくいです。実際に、治療では1年以上経ってから重大な副反応は報告されていません。長期的な副反応については、世界中で常に監視が続いています。

「こびナビ」のメンバーは、ネットの誹謗中傷にもさらされている。ハーバード大学医学部助教授の内田舞さんは、3男の妊娠中にも情報発信を続けた。アメリカ疾病対策センター(CDC)や日本産婦人科学科などの報告をもとにして、「妊娠中に(コロナ)感染すると、妊娠していない同世代の女性に比べて重症化しやすい」と。これに対して、「参考になった」という意見が寄せられた。しかし、その一方で「(内田さんの3男の)死産報告書」「赤ちゃんのための葬儀の準備」といったメール届いた。

内田さんは「絶対に元気なが子を産まなければならない、という責任感が生まれた」と、涙ぐむ表情を浮かべた。「パンデミックを終わらせるには、正しい情報を知ってもらいたい」と強調する。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  6. 6

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。