記事
  • ロイター
  • 2021年08月24日 17:50 (配信日時 08月24日 17:42)

独GDP、第2四半期は前期比+1.6%に上方改定 財政赤字は拡大

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が24日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)改定値(季節・労働日数調整後)は前期比1.6%増で、速報値の1.5%増から上方修正された。

新型コロナウイルス流行に伴う規制の緩和で個人消費が盛り上がったほか、政府の大規模な景気刺激策が寄与した。

第1・四半期は2%のマイナス成長だった。

第2・四半期は日数調整後の前年比では9.4%増。経済活動の規模は新型コロナ危機前の2019年第4・四半期を3.3%下回っている。

個人消費は4─6月に3.2%増加。全体の成長率への寄与度は1.6%ポイントとなり、貯蓄率は16.3%まで低下した。店舗やバー、レストランが閉鎖されていた第1・四半期の貯蓄率は過去最高の22%だった。

公共消費は1.8%増。全体の成長率への寄与度は0.4%だった。

統計庁によると、新型コロナ危機に対応した新たな借り入れに伴う政府支出により、今年上半期の財政赤字は809億ユーロ(950億ドル)となった。

これは対GDP比で4.7%の公共部門赤字に相当し、26年ぶりの高水準。ING銀行のカルステン・ブルゼスキ氏は「急速な景気回復の負の側面」と指摘している。

同氏は、景気刺激策により経済は今年末までに危機前水準に回復するだろうとしつつ、来月の総選挙を受けて発足する政府には大きな負担になりそうだと語った。

第2・四半期の前期比成長率はユーロ圏が2%、フランスが0.9%、イタリアが2.7%、スペインが2.8%だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  2. 2

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    NY市場が大荒れ 中国恒大集団の影響とアメリカそのものにも問題あり

    ヒロ

    09月21日 11:38

  9. 9

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  10. 10

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。