記事
  • ロイター
  • 2021年08月24日 16:55 (配信日時 08月24日 17:54)

NZ中銀、50bp利上げも検討ー総裁補=ブルームバーグ

[シンガポール 24日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)のホークスビー総裁補は24日、中銀が先週、利上げを見送ったことについて、ロックダウン(都市封鎖)導入日になぜ利上げを実施するのか説明が難しかったことが主因だと発言、50ベーシスポイント(bp)の利上げも検討していたことを明らかにした。

ブルームバーグとのインタビューで述べた。

総裁補は「積極的に検討した選択肢という点で、50bpが議題になったのは間違いない」と述べた。

中銀は先週、政策金利を過去最低の0.25%に据え置いたが、年内の利上げを示唆した。

総裁補の発言を受けて、ニュージーランド(NZ)ドルは上げ幅を拡大。1NZドル=0.6932米ドルと、1週間ぶりの高値に値上がりした。

総裁補は「新型コロナで(利上げを)見送ったというよりも、政策変更の説明のタイミングの問題だった。8月18日はロックダウンが導入された当日だった」と発言。

新型コロナの動向は、必ずしも最優先の検討事項ではないとし「金融政策を巡る決定は、新型コロナの動向や、ロックダウン中かどうかに密接に結びつけられるものではない」と述べた。

総裁補は「ロックダウンでは、消費が全滅するわけではなく、消費が先送りされている」とした上で、供給面のショックのほうがはるかに根が深く、インフレ圧力につながっているとの認識を示した。

24日のスワップ市場では、10月の25bp利上げの確率がやや上昇し、五分五分となった。

中銀高官は23日、新型コロナウイルスのデルタ株流行は「流れを変えるもの」ではなく、金融政策に圧力はかかっていないと述べていた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  7. 7

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  8. 8

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  9. 9

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  10. 10

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。