記事

「募金リレーでなくて接待リレー」24時間テレビは一体だれのために放送しているのか

1/2

今年で44回目となる「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ)が8月21、22日に放送された。ライターの吉田潮さんは「例年のお涙頂戴風味は薄まったが、コンテンツがあまりにひどかった。これでは募金リレーでなくて接待リレーではないか」という――。

日本テレビ(東京都港区、2020年5月29日) 日本テレビ(東京都港区、2020年5月29日) - 時事通信フォト

盛り上がりに欠けた今年の24時間テレビ

久しぶりに「24時間テレビ」(日本テレビ、8月21~22日放送)を観た。感染防止のために無観客かつ最小限の人数で、世間的にも盛り上がってはいなかった気がする。このコロナ禍で放送する意義を問う声も多かったようだが、さてその評価は。

そもそも私はここ数年、視聴から離れていた。城島茂が満身創痍で101km走った2014年まではうっすら覚えているのだが、障がい者や病気の人に「人への感謝を要求する」姿勢がどうにも苦手だったから。

いつだったか、目の不自由な少女がトライアスロンに挑戦する企画があったのだが、司会が周囲の人への感謝と謙遜の気持ちを引き出す質問ばかりをぶつけていた。彼女は「私は幸せな女。楽しかったから、よかったです」とさらっとかわしていたけれど。

そう、苦手なのはそこね。清く正しく謙虚というのは人として大切だが、24時間テレビは障がいのある人にそれを強要する傾向が強かった。そして涙の物語へと築き上げる映像。これについてはNHK Eテレの「バリバラ」が「感動ポルノ」として違和感を番組で取り上げたこともある。今年も裏番組で生放送やっていたね。

では、今年はどうだったか。ハンディキャップのある子供や病気と闘う子供が明るく前向きに、という企画は相変わらずだが、以前に比べて感謝や感動を要求するお涙頂戴風味は薄まった。ただし、他の懸念がある。私が感じた問題点はふたつ。

アスリートを何だと思っているのか

まず、「アスリートへのべったり依存」である。もちろん東京五輪直後ということもあるが、メダリストやアスリートを大勢呼びつけてコンテンツの肝としたところに不安がある。

「清く正しく謙虚」を要求する矛先をアスリートに変えただけではないか。心身ともに鍛え上げたアスリートたちは、たぶん一般の人よりも意識は高い。「人の役に立ちたい」「恩返しがしたい」「応援してくれるみなさんのために」「元気と勇気と笑顔を届けたい」……。

ただでさえ過酷な闘いを自分に課してきたアスリートに、さらに聖人君子たれ、と押し付けすぎではないか。

汚れた心で言わせてもらえば、アスリートの「バラエティ的素質」みたいなものを求める日テレの魂胆も垣間見える。現に日テレの番組でレギュラー出演する元アスリートは多いもんね。「受け答えが軽妙」「流行語になりうるキャッチーな言葉」「製品の消費につながる発言」ばかり欲しがる日本のメディアも問題だけど。

個人的には、インタビューに爽やかな笑顔で名言を残すアスリートよりも、詰まったり言葉が出てこなかったりするアスリートのほうが胸に残る。テレビ局がカットしてしまうようなインタビューのほうが真に迫り、アスリートの思いが伝わるから。東京五輪で言えばアーティスティックスイミングの吉田萌選手。競技後のインタビューで言葉を発せなかった姿がとても印象的だった。悔しさも自責の念も胸に秘めた思いもぐっと伝わってきた。だからこそ今後も応援したいと強く思ったのよね。

それにしても「募金リレー」の意義がよくわからなかった。一人10km、10人の走者で100km走る。これが募金とどう関係があるのか。感染防止対策として、このスタイルが提案されたと聞くが、正直、募金とは関係ない。そこまでして「走る」ことにこだわるのはなぜか。ここもアスリート頼み。最初と最後はジャニーズで見せ場をかっさらう。おやおや。募金リレーじゃなくて接待リレーだね。

笑うところが一つもなかった「笑点」

もうひとつ。チャリティー番組とはいえ、コンテンツがあまりにひどい。「番組の質の劣化」が気になった。初日の夜、メダリストとアイドルが対決するコンテンツがあったけれど、こんなくだらないゲームに長尺で付き合わされるアスリートも気の毒と思ってしまった。真剣白刃取りって。MCのくりぃむしちゅーの上田晋也と有働由美子が必死で盛り上げるも、妙な間の多いこと。空虚な時間が結構長かった。

企画・制作のかじ取りをする人が3パターンいるのだなとも感じた。「チャリティーだから適当にゲームやって、こんなもんでしょ」の人々。そして「権力や高齢者大御所、長いものに巻かれるべくして唯々諾々」な人々。

「AIバーチャル若大将」や「笑点」なんて口あんぐり。NHKが紅白歌合戦でAI美空ひばりをやって大不評だったことは記憶に新しい。結論としては「AI技術はすごいけれど、歌は本人の生の声がいい」だったはず。人気グループ湘南乃風まで巻き込んで、AI若大将リサイタル。加山雄三は生の歌声のほうが断然よかったし、本人としてももっと生で歌いたかっただろうけれど、超短縮版に収めた日テレ。「今、なにゆえ若大将?」という疑問は内部にもそれなりにあったのだろうと推測。

ソファに横たわってザッピングする肥満体型の男性 ※写真はイメージです - iStock.com/CYCLONEPROJECT

さらにひどいのは、もはや大喜利ではなくなったレベルの笑点。なんだ、あれ。笑うところがひとつもない。師匠たちも手抜いてんのか。

わかったのは「人気アイドルを輝かせて高齢者をおとしめるのはアリ」というスタンスが連綿と続いていることのみ。会場にいるのはスタッフやマネージャー。内輪の笑い声が空疎に響く。

チャリティーという大義名分の下、質を求めなくなるのはいかがなものか。面白くなくても人気者さえ呼んでおけばいい、という妥協を視聴者に感じさせてしまうのはテレビ局の完全なる敗北だ。

あわせて読みたい

「24時間テレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  10. 10

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。