記事
  • ロイター
  • 2021年08月24日 10:50 (配信日時 08月24日 10:47)

イスラエル中銀、金利据え置き デルタ株巡り経済リスク警告


[エルサレム 23日 ロイター] - イスラエル中央銀行は23日、政策金利を0.1%に据え置くことを決定した。据え置きは11回連続。インフレの高まりにも言及したが、新型コロナウイルスのデルタ変異株を中心とした感染拡大により経済活動を巡る不透明感が高まっていると警告した。

ロイターのエコノミスト調査では15人全員が金利据え置きを予想していた。次の動きとしては2022年か23年の利上げが予想されている。

第2・四半期のイスラエル国内総生産(GDP)は前年同期比15.4%増と、小幅に減少した前期から大きく改善した。

中銀は「イスラエル国内および海外における健康リスクの高まりを考慮すると、経済活動には依然として課題がある」と指摘。「長期にわたり非常に緩和的な金融政策を継続する」と表明した。

イスラエルではほとんどの成人がコロナワクチンを接種し、今年3月に3回目のロックダウンが解除され、感染者はほぼゼロとなっていた。しかし、感染力の強いデルタ株を中心に再び感染が急拡大している。

政府は市民にワクチンの3回目接種を受けるよう促すとともに未接種者を対象にした制限措置を導入し始めた。

中銀は、3回目接種は「深刻な罹患率の低下に寄与し、予想される経済への悪影響の軽減につながる見込みだ」とした。

罹患率が悪化する前の指標については、ほとんどの産業で活動レベルが長期トレンドに戻ったが、脆弱な接客産業では依然としてトレンドを下回っていると指摘した。

労働市場のデータは求人件数の増加が続くなど、危機前の水準を回復したことを示しているとした。

イスラエルのインフレ率は7月に1.9%と6月の1.7%から上昇し、政府の年間目標(1─3%)の中間値に近い水準となった。

中銀は、3月にプラスに転じたインフレ率の上昇が一時的かどうか判断するのは困難としている。

前回7月5日の政策会合以降に通貨シェケルが対ドルで0.6%、対通貨バスケットで1.5%上昇しており、中銀の悩みの種となっている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。