記事
  • ロイター
  • 2021年08月24日 09:40 (配信日時 08月24日 09:39)

イラン、アフガンへの燃料輸出再開 タリバンが要請


[ロンドン 23日 ロイター] - アフガニスタンを掌握したイスラム主義組織タリバンの要請を受け、イランが数日前にアフガン向け燃料輸出を再開したことが、イラン当局者の話で分かった。米軍の撤退を受け、タリバンは米経済制裁の対象となっているイラン産原油をより公然と輸入できるとみている。

タリバンによる権力掌握を受け、報復や厳格なイスラム法の適用を恐れる多数の市民が都市部から逃れたことから、同国のガソリン価格は1トン当たり900ドルに達した。

価格上昇に対応するため、タリバンはイランに貿易関係者の往来を維持するよう要請した。

イランの石油・ガス・石油化学製品輸出業者組合の役員で広報を担当するハミド・ホセイニ氏はロイターに対し、「タリバンはイランに『石油製品の輸出を継続してよい』というメッセージを送った」と明らかにした。

メッセージはイランの貿易業者や、政府と緊密なつながりを持つイランの商工会議所に送られたという。

これを受けてイラン税関当局は、アフガンでの貿易取引の安全性を巡る懸念から8月6日以降実施されていた燃料禁輸措置を解除した。

ホセイニ氏によると、タリバンの姿勢によってこうした懸念が和らいだという。

同氏はまた、タリバンがイランなど周辺国からの燃料輸入に課す関税を引き下げたことにも触れ、タリバンが発行した文書をロイターに見せた。

それによると、アフガン周辺国からのガソリン、ディーゼル、LPG(液化石油ガス)の関税は70%割り引くとされている。

<イランとタリバンの協力拡大も>

イランはトランプ前米大統領が2018年に復活させた制裁の影響で石油輸出が大幅に減少したが、ホセイニ氏によると、周辺国にトラックで燃料を運ぶなどして一定の輸出を行ってきた。米軍撤退でイランとアフガン双方の指導者は、よりオープンに取引することへの不安が和らいだという。

イランの石油ガス調査プラットフォーム、ペトロビューの報告書によると、イランは昨年5月から今年5月の間に約40万トンの燃料をアフガンに輸出した。

ホセイニ氏は「イラン新政府はタリバン政権との協力を大幅に拡大するだろう。イランはアフガンとの貿易を容易に倍増できる。ガニ政権は米制裁下のイランとの協力を常に限定しようとしていた」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

  10. 10

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。