記事
  • ロイター
  • 2021年08月23日 07:50 (配信日時 08月23日 07:41)

反タリバン勢力指導者、交渉に前向き 拠点進攻なら「戦闘の用意」


[22日 ロイター] - 2001年に過激派組織アルカイダによって暗殺されたアフガンの国民的英雄マスード司令官の息子、アフマド・マスード氏は22日、実権を再び握ったイスラム主義組織タリバンと平和的に交渉することを望んでいるが、自身が率いる抵抗勢力は戦闘の用意もあると述べた。

北部パンジシール渓谷で抵抗勢力を結集させている同氏はロイターの電話取材に対し「われわれはタリバンに、交渉が前進への唯一の道筋であることを気付いてほしい」と強調。「戦争が勃発するのをわれわれは望んでいない」と続けた。

これに先立ち、タリバンのツイッターフィードはパンジシール州の「当局者が平和的な引き渡しを拒否した」ため、数百人の戦闘員が同州に向かっていると伝えた。アフガン政府から奪取した大型車両が高速道路に車列を作っている映像も投稿されている。

マスード氏は、タリバンがパンジシール渓谷への進撃を試みた場合、自身の支持者らは戦闘する準備があると表明。「防衛し、戦闘する構えで、いかなる全体主義体制にも抵抗するつもりだ」とした。

パンジシール州に隣接するバグラン州では抵抗勢力が3つの地区を奪還しており、タリバンが15日に首都カブールを制圧して以降確認された戦闘はこの一カ所のみだ。ただ、マスード氏は、この戦闘は地元の武装勢力が実施したもので、自身は作戦に関与していないと語った。

同氏は、アフガニスタンの異なる民族集団全てを代表する包摂的で支持基盤の広い政府の発足を呼び掛け、「全体主義体制」は国際社会によって認めるべきではないと訴えた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  7. 7

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  8. 8

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  9. 9

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。