記事

羽生善治50歳「将棋の定跡を覚えること自体がトレーニングです」 記憶力・体力の維持法を明かす

羽生善治が記憶力や体力、そしてモチベーションをどう維持しているのかを語る

「50歳」という年齢を迎えてもなお、第一線で戦う気力を失わない羽生善治。〈楽観はしない。ましてや、悲観もしない。ひたすら平常心で〉──かつて著書『決断力』の中で、「勝つ秘訣」についてそう語った天才棋士は、自身の変化をどう受け止め、前に進む気力を維持しているのか。将棋観戦記者の大川慎太郎氏がレポートする。(文中一部敬称略)

【写真】目立たないストライプのスーツにプレーンノットでタイをした豊島将之竜王。他、大勢のカメラマンを前にした対局も

 * * *
 第一人者として将棋界に長らく君臨してきた羽生善治も50歳を超えた。デビューから35年が過ぎ、羽生自身とそれを取り巻く環境は大きく変わっている。現代社会のスピード化と多様化は留まることを知らず、将棋界もその例に漏れない。

 そんな中、羽生は何を考え、これからをどう生きようとしているのか。今回は、記憶力や体力、そしてモチベーションをどう維持しているのかなど、より一般的なテーマについて羽生に尋ねた。50歳という年齢を感じさせないレジェンドはよく笑い、朗らかに答えた。その言葉の数々は、我々が今後をよりよく生きるためのヒントに満ちている。

(インタビュー記事前編となる、8月11日配信【羽生善治50歳「昭和のアナログから今のAIまで体験できたのは幸運」】、および8月12日配信【50歳の羽生善治「大事なことは自己評価と周囲の評価の一致」】も参照)

 棋士は記憶力に優れている。自分が過去に指した将棋はかなりの数を覚えているのは間違いない。だが最近、若手棋士から「覚える量が多すぎて大変」「記憶違いで負けた」という声を聞くようになった。現在はAI(人工知能)を使って序盤戦を研究するのが主流で、大事な変化手順とその評価値を大量に暗記しなくてはいけない。記憶の量が勝敗に直結することもあるので皆、必死である。

 物覚えがいいとされる若者ですら嘆くような状況だが、ベテランの羽生はどうなのだろう。

「トレーニングを続ければ記憶力は衰えにくいので、年齢は関係ないと思っています。絶対に覚えなくてはいけないことは忘れないものです。人間は必要がないことって覚えないんですよね。例えば調べればすぐにわかることなどがそうです。それになんでも覚えていればいいわけでもないし、忘れたほうがいいこともたくさんあります」

 どんなトレーニングをしているのか羽生に尋ねると、「将棋の定跡を覚えること自体がトレーニングの一つです。その作業を続けていれば、記憶力が悪くなることはありません」ときっぱりと語った。

 いま、若手棋士が突き当たっている難題についてはどんな考えを持っているのか。羽生もAIを使って研究しているが。

「その問題は何が難しいかって、似て非なる形を覚えることが難しいんです。例えば将棋は歩の位置が一つ違うだけで、結論が大きく変わることがある。全然違う形を覚えるのはそれほどでもないですが、類似形を記憶するのは簡単ではない。全体像をきちんと捉えて理解しておく必要があります。また視覚にだけ頼るのは危険なので、手を動かすとか、話すとか、五感をきちんと使うことが身につくコツです」

 将棋は頭脳スポーツとも呼ばれるが、体を激しく動かすわけではない。座って考えているので体力は関係ないと思う人も多いかもしれないが、そうではないのだ。

 1998年に29歳で早逝した村山聖九段は羽生と同世代で、映画『聖の青春』で有名になった。村山は幼少時からネフローゼという難病を抱えており、体力面に不安があった。棋士という職業に体力は関係ないと思っていたが、そうではないことに気づいたという。長時間座って集中して考え続けることは、また別の体力が必要なのだ。

 羽生もその重要性を認めている。

「体力がないと集中力も続かないし、思考の精度も大きく変わります」

 年齢を重ねることで、以前より疲れを感じることはないのだろうか。羽生の先輩棋士の森下卓九段(55)は「まず目が疲れてきますし、座る体力や根気も続かなくなります。いくら羽生さんが鉄人とはいえ、50歳を過ぎてますからやっぱりきついと思います」と語った。

 昨年末にこんなことがあった。羽生はA級順位戦で豊島将之竜王(31)と対戦した。順位戦の持ち時間は双方6時間で、タイトル戦以外では最も長い。午前10時に始まり、深夜0時を越える激闘になったが、最終盤で事件が起こる。AIが羽生勝勢で「勝率94%」と示した局面で、羽生が投了してしまったのだ。1手を1分未満で指さなければいけない「秒読み」という厳しい条件下ではあったが、勝利が近い局面で羽生が負けを認めたことは衝撃だった。疲労が判断を狂わせたのではないかという推測も自然だろう。

 だが順位戦の過酷さを羽生に尋ねると、「若い時でも年齢が上がっても、大変なのは同じ。体力的なことで特に大変だと思ったことはありません」と淡々と語った。

 羽生が体力を維持するためにやっていることは「歩くことくらいですかね」と言う。そして「対局の間が空くと、体力の持続がにぶるところはあると思うので、ひたすら対局を続けることが大事でしょうか」と語った。

 羽生は2017年頃から、タイトル戦の打ち上げでもきっぱりと酒を飲まなくなった。乾杯の時に口をつける程度だ。2010年前後は、名人戦の前日でも注がれるままに酒を飲んでいたことを思い出す。節制の必要を感じ、実行しているのだ。

 記憶力の話では「トレーニングを続けること」と語り、体力面でも「対局を続けること」と羽生は言う。地道に続ける作業を重視していることがよくわかる。

文/大川慎太郎(将棋観戦記者)
1976年生まれ。出版社勤務を経てフリーに。2006年より将棋界で観戦記者として活動する。著書に『証言 羽生世代』(講談社現代新書)などがある。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

あわせて読みたい

「羽生善治」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。