記事

繰り返される豪雨災害 『おかえりモネ』が発した重い問いかけ「そこに住み続けるか、離れるか」

 5月の放送開始以来、梅雨時の大雨や真夏の豪雨、パラスポーツがテーマになるなど、現実とのタイムリーな“シンクロ”が話題のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』。宮城県気仙沼湾沖の島に生まれ育った主人公が、気象予報士となった後、東京で就職して奮闘する姿が描かれている。メディア研究が専門のジャーナリスト・水島宏明氏(上智大学文学部新聞学科教授)は、放送を終えたばかりの第14週「離れられないもの」(第66〜70回、8月16〜21日放送)が、毎年のように自然災害が相次ぐ日本社会に重要な問いかけを発している、と指摘する。

【写真】熊本県人吉市を襲った2020年7月の豪雨災害

 * * *
 朝ドラ『おかえりモネ』。気象予報士になった主人公・永浦百音(清原果耶)は働き始めた気象予報の会社でテレビ番組の気象予報コーナーを手伝っていた。第14週では、このチームの中心、気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)が心の中でずっとひっかかっていた葛藤が明かされる。

 それは8年前に起きた明岩市石音町(実在しない自治体の町名)で起きた記録的な大雨被害の報道だった。朝岡は緊急報道で被害が局地的なものと見て、「深夜の移動は危険。自宅の2階などへの待避」を呼びかけたが、実際には集落全体が埋まる大規模な土石流が発生し、死者まで出る大災害になった。

 そのときの苦い経験や毎年のように同じ土地で繰り返される災害から、朝岡は「そんな土地にとどまることはない。離れればいい」と地元の人たちに伝えるようになった。だが果たしてそれでいいのかと自問自答を繰り返す。視聴者にとっては8月に各地で豪雨災害が起きるなかで朝ドラと現実がシンクロし、朝岡の葛藤には格別に重い意味があった。

現実と重なり合う朝岡の問い

 朝岡が抱えてきた“心の闇”。それは8年前の大規模土砂災害のトラウマだった。

 百音がテレビ局の朝番組で気象予報チームの仕事に慣れてきた頃、明岩市石音町で再び大規模な土石流が発生する。朝岡らも緊急報道で注意を呼びかけた。幸い、住民たちは避難して全員が無事だった。以下の報道フロアでのミーティングの場面が近年の気象予報の難しさを物語っていた。

(朝岡)「あの一帯はかつては多少の雪が降っても土石流が発生するような雨が降る土地じゃなかった。それが8年前の集中豪雨以来、大雨による被害が頻繁に出るようになってしまった」
(男性スタッフ)「気候が変わってきている!」
(女性スタッフ)「石音町は8年前に集落が土砂で埋まっていますよね?」
(朝岡)「ええ。それでも住民の方たちは被害に遭うたびに懸命に暮らしを立て直してきました。それが今回、同じ場所でまた大規模な土砂災害が起きてしまった。また日々の生活が奪われた」
(気象担当の記者)「これだけ災害が繰り返されるということは……」
(男性スタッフ)「もはや住めなくなっているとか……」
(気象担当の記者)「もう、その土地を離れるしかないってことか……」

 この後の場面、朝岡は百音に聞きたくない話を聞かせてしまったと詫びながらも「考えなくちゃいけないんです。もっと……」と自戒するようにつぶやく。

 百音は好意を寄せている医師の菅波光太郎(坂口健太郎)に朝岡とのやりとりを打ち明ける。菅波も朝岡に同調する姿勢で「土地を離れることについても致し方ない」とドライに話す。たびたび命に危険が及ぶような場所はもはやその生物にとって適した環境とは言えないからと「離れた方がいい」ときっぱり百音に伝える。だが、その考え方に頭では「正しい」と理解しながらもどこか「少し冷たい」と感じる百音だった。

 百音自身は「3.11」後、高校卒業と同時に故郷の島を離れて内陸部で暮らし始め、その後で上京したことで罪悪感を持ち、割り切った考え方に悶々とした感じをもっていた。

 住み慣れた土地を離れること。それは許されるのか。百音はずっと考えてきた。朝岡も、家業の漁師を継がず銀行員になった百音の父・耕治(内野聖陽)も……。ドラマに登場する人物はみな土地や人間たちへの愛着や離れることについて葛藤を繰り返す。愛着ある土地から「離れること」「離れないこと」はドラマ全体を貫くテーマになっている。

かつて被災した場所が再び…

 この8月、全国に大雨特別警報や緊急安全確保、記録的短時間大雨情報、土砂災害警戒情報などがたびたび出された。「これまでに経験したことがない危険が迫っています」とテレビからアナウンサーが繰り返し呼びかけた。そうした緊急放送では、かつて土砂災害や河川の氾濫などのニュースで登場した地名もたびたび登場している。

 たとえば「広島市安佐北区」と「広島市安佐南区」。2014年8月の大雨で土砂災害に見舞われた土地だ。あるいは「熊本県人吉市」。ここを走る球磨川は2020年7月の豪雨で氾濫して70人近い死者・行方不明者を出した。今回も氾濫危険水位まで上昇するなど、今年に入ってからもたびたび危険が訪れている。

 筆者は7月に日本民間放送連盟賞の九州・沖縄地区でテレビ報道番組部門の審査員を務めた。この地区の民放局で「豪雨災害」をテーマにしたドキュメンタリー番組がいくつか目につき、地元にとってそれだけ切実な問題なのだと感じていた。

 例示してみると、熊本朝日放送『守りたい 守れない 〜気候危機のただ中で〜』、大分放送『川と生きる。復興への光 〜水害と向き合う温泉街〜』、テレビ熊本『ばかやろうと言わせてくれ 〜球磨川と生きる 老舗酒蔵の300日〜』などだ。

 豪雨災害に遭いながらもたくましく生きる人々の姿を描いたドキュメンタリー。印象深かったのがテレビ熊本の『ばかやろうと言わせてくれ 〜球磨川と生きる 老舗酒蔵の300日〜』。球磨川の氾濫で営んでいた酒蔵が壊滅的な打撃を受け、ゼロから再建していく日々を追っていた。涙もろく感情むき出しに奮闘する経営者の姿が胸を打った。

 これらの番組には、元々住んでいた土地にこだわり続けて仕事や生活を立て直そうとする人、元いた土地を離れて新たな土地で新たな仕事や生活を探そうとする人、その両方が登場していた。土地を離れるのかどうか。土地との向き合い方がテーマになっていた。ある住民は「子どものため」を考えると豪雨災害に繰り返し見舞われる土地にはもう住むことはできないと話し、違う土地へ去って行った。

 温暖化による気象の急激な変化。首都圏に住む筆者でさえも、最近の豪雨の際の凄まじさには時々恐怖を感じる。まして川や山の近くで暮らす人にとっては土砂災害の恐怖は想像を超えるものだろう。ドキュメンタリーでは土地を離れるかどうかの選択で地元の人たちが迷い、悩み続ける姿が映し出され、一番切実な問題として伝わってきた。

 ドキュメンタリーとドラマの両方を観ると、「土地から離れるべき」という『おかえりモネ』の朝岡や菅波のドライな言葉には説得力があると感じる。一方、土地を離れることに割りきれなさを抱く人たちの後ろ髪引かれる思いも理解できる。

 自問自答で迷走した末に朝岡は「大事にしてきたことは大事なんです」という結論にたどり着いて百音に伝える。人々が代々継承してきたこと。仕事。こだわり。人間関係。それを捨てて土地から離れるという合理的な選択ばかりが正解ではないと確信する言葉だった。

 そこに正解はない。百音は迷い、悩む。土砂災害が頻繁に見舞う土地で暮らす人たちを思いながら、気象について伝える仕事にこれからも励んでいくのだろう。そんな今後が目に浮かんでくるような『おかえりモネ』の第14週だった。

【PROFILE】みずしま・ひろあき/1957年北海道生まれ。札幌テレビで生活保護の矛盾を突くドキュメンタリー『母さんが死んだ』や准看護婦制度の問題点を問う『天使の矛盾』を制作。ロンドン、ベルリン特派員を歴任。日本テレビで「NNNドキュメント」ディレクターと「ズームイン!」解説キャスターを兼務。『ネットカフェ難民』の名づけ親として貧困問題や環境・原子力のドキュメンタリーを制作。芸術選奨・文部科学大臣賞受賞。2012年から法政大学社会学部教授。2016年から上智大学文学部新聞学科教授(報道論)。放送批評誌「GALAC」前編集長。近著に『内側から見たテレビ─やらせ・捏造・情報操作の構造─』(朝日新書)、『想像力欠如社会』(弘文堂)。

あわせて読みたい

「災害」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。