記事
  • mkubo1
  • 2013年02月04日 20:43

スペイン国債が売られています。これは注意が必要です。

ユーロの信用回復が、世界的なリスクオンになり、嵐から避難していた資金が、避難先から、出てきているのが、現在の状態であることは、何回も説明しています。

避難先の円はどんどん売られており、ジャンク債や高利回り債が買われ、株式も買われています。

(もちろん、世界的な金融緩和も大きな理由なのです)

そのユーロの信用回復の象徴が、スペイン国債やイタリア国債の利回りの低下でした。

スペイン10年債は、一時5%割れまで買われたのですが(11011日)、今晩5.4%を超えてきました。

ラホイ首相の不正資金疑惑があり、首相は疑惑を否定するも、野党の批判は収まらず、辞任要求となっています。

また、雇用省発表の失業者数が1月に再び増加に転じました。

スペインの景気懸念は、以前から言われていたので、さして驚くに値しませんが、政治が不安定となりますと、財政再建計画やOMTの要請などに不透明感が増しますから、ユーロの信用の回復に水を差すのですね。

【スペイン10年国債利回り 日足】

リンク先を見る

ユーロドルのチャートを逆した形とスペイン10年債のチャートって似ていますね。

スペイン国債の利回りが上昇しているということは、今までのリスクオンの動きが、お休みするかもしれないということです。

もちろん、一時的な動きであるのかもしれませんが…

もし、円が、世界的な資金の動きよりも、単にアベノミクスが主因で、円安に動いているのであれば、欧州の動きにかかわらず、ドル円は調整することなく、円はさらに安くなるのかもしれません。

また、スペインに加えて、イタリアも注目です。

2月は総選挙(24日~25日)があります。

1日の世論調査で、ベルルスコーニ前首相(中道右派)が、次期首相の最有力候補のベルサニ党首(民主党:中道左派)との差をじりじり詰めています。

世論調査の結果は、中道左派連合は32.8%、中道右派連合は27.8%なのです。

面白いことに、このベルルスコーニの躍進には、遠因として、野村証券が絡んでいると!

例のモンテ・デイ・パスキ・デイ・シエナ銀行の乱脈経営やデリバティブの派生商品での巨額損失(相手方の1社が野村証券でした)が大問題となっているのですが、このシエナ銀行のと関係が深いのが民主党なのです。

シエナ銀行は39億ユーロの政府支援を受けており、中道右派連合に有利になっているようです。

大きな流れ(リスクオン)には、変わりはないかもしれませんが、スペインやイタリアの政権交代が起きますと、様子見とかになりかねないということですね。

あわせて読みたい

「欧州債務危機」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。