記事

「最悪の覚悟」への対策はできているか?

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

資産運用でも、毎日の生活でも「最善を望みながら、最悪を覚悟する」という言葉を忘れないようにしています。

「最善を望む」というのは、物事をポジティブに捉え、できるだけ良い方向に解釈して、悲観しすぎないようにすることです。

「事実は1つ、解釈は無限」ですから、自分の見方によって、同じ現実がバラ色にも灰色に見えてしまう。せっかくなら、バラ色の人生にしたいものです。

その一方で、「最悪への覚悟」も必要です。最悪の事態を想定し、それに現実的な対策を打っておくことです。

自分自身の現状を振り返ってみると、最悪の事態が起こった場合の対応ができているのかと問われると、残念ながら決して充分とは言えません。

私のように一人暮らしの場合、自宅で急病で倒れてしまったり、何らかの理由で大きな怪我をした場合、そのまま連絡が取れず、不測の事態に陥る可能性があります。

老人の一人暮らしが問題になっていますが、若い人であっても、このような突発的な病気や怪我のリスクはゼロにはできません。

また、現状の資産運用の状況も、自分以外は誰も知りません。銀行や証券会社の口座だけではなく、国内外の不動産や、暗号資産、会社への出資など様々な投資対象があります。逆に、金融機関からの借入も、それなりの額になっています。自分の頭の中にしか入っていない情報もあります。

今後、日本ではおひとりさまの高齢者が更に増えていきます。私と同じことを考え、先手を打って対応しておきたいと思う人も増えるはずです。

健康には気をつけて生活をしても、リスクを自分で完全にコントロールすることはできません。

平時のうちに、最悪の事態が起こった場合に、後悔しない準備をしておく。

平和な日本でも、自分自身の有事がいつ起こるかはわかりません。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年8月21日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  6. 6

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  9. 9

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  10. 10

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。