記事

試合には勝ったけど・・・。

1/2

東京五輪が終わって早一週間。

メディアの方は、まだ刹那的なイベントの余韻を持て余している感じで、この一週間はある種の”回顧”的な記事も目立ったのだが、そんな中、目に留まったのが、以下の数字だった。

野球の決勝戦はテレビ中継の平均世帯視聴率が関東地区で37%を記録」(日本経済新聞2021年8月12日付朝刊・第37面、強調筆者)

全ての競技中継の中で最高視聴率を記録したのが、13年ぶりの大会復帰で悲願の金メダルを獲得した「野球」だった、という、いかにも日本人らしいエピソードなのであるが・・・。

自分は先の五輪期間中、野球の試合の中継は全く見ていない。

スコアは時々追っていたし、ダイジェスト映像にもチラリと目を通したがその程度。

全てライブではないものの、他の競技、メジャーなところで言えば卓球や体操からスケートボード、サッカーに女子バスケットボールまで。よりディープなところで言えば、馬術にアーチェリーにテコンドーに近代五種、そして終盤のスポーツクライミングまで・・・と、仕事の合間を縫ってかなりの視聴時間を費やしたのが今回の五輪。それにもかかわらず、「野球」という競技には、この大会期間中、ほとんど関心を惹かれることすらなかった。

理由は至ってシンプル。

「五輪競技、というにはあまりにドラマ性がなさすぎた」

のである。

同じホームペースを囲む球技でも、ソフトボールは違った

誰もが知っている絶対的エース、上野由岐子投手が13年の時を経て五輪の舞台に再び舞い降り、時を飛び越えたような投球で海外の強打者たちを撫で斬る。

上野投手だけではなく、「女イチロー」などと言う失礼なニックネームを付けられていた山田恵里選手も、”本家”の引退後もなお健在で勝負強いバッティングを見せる。

そして様々な歯車が噛み合った結果、怒涛の5連勝で「連覇」を飾った。

その間、地味な国内リーグと決して注目されない国際大会で実績を積み重ねてきた30歳前後の選手たちを主力に、若干20歳の後藤希友投手まで、この13年間の無念の思いが凝縮されたような快進撃を見たら、誰もが声援を送らずにはいられない。

一方、野球はどうだったか。

バルセロナで公式競技になって以来、アマチュア時代からプロアマ混在、そしてプロだけのチームになった今まで、常に期待されて叶わなかった目標をかなえたのだから、偉業には違いない。

ただ、「国内のプロリーグのいい選手を普通に集めた」という選手たちの顔ぶれに”ドラマ”感は全くなかった*1

自分もバルセロナの頃は「アマチュアゆえの勝負への執念」を示した代表チームを敬意をもって眺めていたし、シドニーでも杉浦正則投手を筆頭にプライドを持って参加したアマチュア選手たちと、松坂大輔投手をはじめとする初参加のプロ選手たちの融合に声援を送っていたような気がする。

しかし、そのうちにアマチュア選手の参加はなくなり、長年看板を背負っていた松坂大輔投手も渡米し、加えて大会のたびに、勝手の違う舞台で途方に暮れる高給のプロ選手たちの姿を見せられるたびに、声援を送る気持ちは薄れていった。

そして長い中断を経て戻ってきた舞台でも、試合にこそ勝ち続けたものの、「五輪ならでは」の何かを感じさせるようなことは最後までなかったような気がする。何といっても抑えをやっているのが今年入団したばかりのルーキーなのだから、チームとしての連続性もへったくれもない。

未だに国内No.1のプロリーグを持ち、潤沢に一流の選手たちを抱えるからこそ、のチーム編成は、このコロナ禍下で自国の選手を招集するのにも四苦八苦していた感があった他国のチームとの比較では圧倒的な優位性があったといえるだろうし*2、それゆえに地元開催国としては「満点」の回答を出すこともできたわけだが、それは、もはや五輪競技としての野球への関心を他のほとんどの国が失っている、という残酷な現実の裏返しでしかない。

状況を理解している者なら誰もが感じた「これが五輪での最初で最後のこの競技の金メダルなんだろうな」という残念感を打ち消そうとするかのように、

「2028年ロス五輪で再び野球は復活する!」

と声高に叫ぶ人も時々見かけたが、米国人が本当に五輪競技としての野球に興味を持っているのだとしたら、決勝戦があの時間帯に行われる、ということはあり得なかっただろう。

万が一、2028年に「BASEBALL」が奇跡の復活を遂げたとしても、夏の開催なら当地はMBLのシーズン真っただ中で、有力球団がしのぎを削る西海岸では、まともな試合会場を確保することさえ難しいのではないかと推察する。

あわせて読みたい

「野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  4. 4

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

  10. 10

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。