記事

在宅勤務で急増中?仕事や生活に支障をきたす「ポルノ依存症」の恐ろしさ

1/2

コロナ禍において、孤独を感じる人々が「依存症」に陥るケースが増えている。野村総研が実施した孤独に関する調査によると、回答した20代の男性のうち52.9%、女性で56.8%が日常的に孤独を感じているという。また孤独を感じると回答した20代、30代の半数が、「新型コロナ流行前に比べて、孤独を感じることが増えた」としている。

依存症と聞くとまずアルコール依存症を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。しかし、昨今危惧されているのは「ポルノ依存症」である。ポルノ依存症とは、過剰なポルノ視聴やそれにともなって強迫的な自慰行為を繰り返してしまう状態を指し、セックス依存症などと同じく性依存症のひとつとして呼称されている。

このようなポルノ依存症と疑われる人が、コロナ禍において増加していると指摘するのは、『セックス依存症』(幻冬舎新書)など依存症に関連する著書が多数ある、大船榎本クリニック精神保健福祉部長の精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏だ。

大船榎本クリニック精神保健福祉部長で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏(筆者撮影)

ポルノ依存症の本質は"快楽"ではなく"苦痛の緩和"

「コロナ禍で在宅勤務が増え、リモートワーク中にポルノ視聴に長時間没頭したり、強迫的な自慰行為に耽溺をしてしまう人がいます。常にオンライン状態でいることで、ポルノサイトへのアクセスはシームレスな状態です。

会社とは違い、人目を気にすることがないため、中には長時間気を取られ仕事の作業効率が著しく低下したり、徐々に視聴する頻度が多くなり、仕事に支障をきたす人も増えている。私のもとにも同様の症状を訴える人の相談が昨年に比較して増えてきています。

依存症は『物質や行為や関係によって、何らかの社会的損失や経済的損失、身体的損失があるにもかかわらずそれがやめられない状態』を指します。ポルノの過剰視聴によって仕事や生活に支障が発生しているのに、それをやめられない状態の人は依存症に陥っている可能性が高く生活習慣を見直す必要があります」。

ほかにも日常生活がままならないほど過剰かつ強迫的なセックス、自慰行為、性風俗店通い、また痴漢などの性犯罪をやめられない人も広い意味では性依存症(強迫的性行動症)に該当する。一般に、性的な刺激が快楽をともなうことは知られているが、彼らが感じている快楽はよほど強いということなのだろうか。

「いえ、このような依存症の本質は、快楽ではなく苦痛の緩和にあると言えます。例えば、元プロ野球選手の清原和博さんはご自身の体験談の中で、子どもに会えない孤独や"清原和博"でいないといけないというプレッシャーを紛らわすために徐々に覚せい剤に耽溺していったと語っています。

自己否定的な感情やネガティブな記憶(逆境体験)を一時的に遠ざけ、忘れさせてくれるものにこそ人間は依存します。薬物やアルコールだけではなく、強迫的な自慰行為や自己犠牲的なセックスも本質は同じです」。

筆者は学生時代、自慰行為に耽溺し、最優先事項であるテスト勉強もおぼつかなかった時期もあるが、同様の思春期を過ごした人は多いはずだ。斉藤氏の話を踏まえると、それもテスト勉強という苦痛な作業を一時的に忘れさせてくれる行為であり、優先順位の逆転現象が起き始めていたことを考えるとポルノ依存症に片足を突っ込んでいたと言える。過去にこのような経験がある大人は、今後もポルノ依存症に陥る可能性を秘めているのだろう。

ポルノ依存を加速させたインターネットの普及

Getty Images

コロナ禍でステイ・ホームの推奨と濃厚接触が避けられる中、自粛によるストレスの緩和や刹那的に孤独を埋めてくれる異性を渇望する気持ちがより強くなるのは当然のこと。そしてインターネットは、あらゆる性的嗜好に応えるコンテンツへのアクセスを極めて容易にしている。

「ネットが発達する以前の時代では、視覚的に性的興奮を得る手段は雑誌やレンタルビデオなどが主流で、視聴までに手間と時間がかかり、ジャンルも限られていました。しかし、今はスマホさえあればいつでもどこでも誰でもあらゆるポルノサイトにアクセスが可能です。

さらに昨今のポルノサイトや動画はジャンルが細分化し、各人の性的嗜好にぴたりと合ったものが多数存在する分、ハマりやすく、より刺激的な動画を探してしまいます」。

このような依存症を引き起こす生物学的な要因は脳の報酬系回路にある。自慰行為をすることによって脳内では快楽物質であるドーパミンが分泌され、それが条件付けのきっかけになり、やがて衝動制御が困難になるのだ。

「脳は報酬系回路からドーパミンを多量に分泌したがる性質があるため、特に性的快感をともなう行動は反復しやすい。ただ、徐々に耐性が形成されていくので、いつも通りのパターン化された行動や動画視聴ではドーパミン自体が出にくくなります。

これによって、さらなる刺激を求めて回数を増やしたり、過激な動画を探したりして時間を浪費してしまい、仕事などの優先事項を遂行できなくなります」。

また、パソコンやスマホで繰り返しポルノ視聴と自慰行為を行うと、「パブロフの犬」のごとくデバイスを見るだけでそれがトリガーとなり性的欲求のスイッチが入るようになるという。スマホを肌身離さず持っている現代人にとってみれば、自慰行為のトリガーを常に体の一部のように持ち歩いているので、よりその強迫的性行動依存から逃れることは難しい。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。