記事

8月も高いペースで推移 コロナ関連破たん 1,940件【8月19日16:00 現在】

 8月19日は16時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が7件判明、全国で累計1,838件(倒産1,735件、弁護士一任・準備中103件)となった。

 月別では、2021年に入って2月(122件)、3月(139件)、4月(154件)と、3カ月連続で最多件数を更新した。5月は124件と4カ月ぶりに前月を下回ったが、6月は155件で過去最多を記録した。7月も140件に達し、過去3番目。8月も19日までに68件と、高いペースで推移している。

 なお、倒産集計の対象外となる負債1,000万円未満の小規模倒産は累計102件判明。この結果、負債1,000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計で1,940件となった。

 感染拡大が深刻化するなか「緊急事態宣言」などの範囲がさらに拡大する。休業や酒類提供自粛の飲食店をはじめ、外出自粛によるサービス業や小売業、これらを取り巻く取引先にも影響が及び、夏場の書き入れ時に厳しい事業環境が続いている。また、商業施設や飲食店などでは、従業員に感染が広がり営業を見合わせるケースも相次いでおり、影響も懸念される。

 コロナ関連の金融支援策は継続するが、業績不振が長期化するなかでコロナ融資の返済がスタートする企業も出始め、過剰債務の問題も浮上している。息切れや事業継続をあきらめて破たんに至る小規模事業者を中心に、コロナ関連破たんは今後も増加をたどる可能性が高まっている。

【都道府県別】(負債1,000万円以上) ~ 30件以上は14都道府県 ~

 都道府県別では、東京都が429件(倒産403件、準備中26件)に達し、全体の約4分の1(構成比23.3%)を占め、突出している。以下、大阪府199件(倒産188件、準備中11件)、神奈川県92件(倒産88件、準備中4件)、愛知県84件(倒産84件)、兵庫県75件(倒産69件、準備中6件)、福岡県74件(倒産72件、準備中2件)、北海道70件(倒産68件、準備中2件)と続く。

 19日は茨城県と大阪府でそれぞれ2件、東京都、京都府、徳島県で各1件判明した。10~20件未満が17県、20~30件未満が9府県、30件以上は14都道府県に広がっている。一方、5件未満は山梨県(2件)、秋田県と鳥取県(各4件)の3県のみ。

【業種別】(負債1,000万円以上)~飲食が最多の335件、建設、アパレル、食品卸、宿泊が続く ~

 業種別では、来店客の減少、休業要請などで打撃を受けた飲食業が最多で335件に及ぶ。首都圏などでは休業や時短営業、酒類提供の制限などが続き、飲食業の新型コロナ破たんがさらに増加する可能性が強まっている。

 次いで、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が177件、小売店の休業が影響したアパレル関連(製造、販売)の158件。このほか、インバウンドの需要消失や旅行・出張の自粛が影響したホテル,旅館の宿泊業が89件、飲食業などの不振に引きずられている飲食料品卸売業も同件数の89件と、上位を占めている。

【負債額別】(負債1,000万円以上)

 負債額が判明した1,804件の負債額別では、1千万円以上5千万円未満が最多の665件(構成比36.8%)、次いで1億円以上5億円未満が596件(同33.0%)、5千万円以上1億円未満が324件(同17.9%)、5億円以上10億円未満が114件(同6.3%)、10億円以上が105件(同5.8%)の順。

 負債1億円未満が989件(同54.8%)と半数を占める。一方、100億円以上の大型倒産も6件発生しており、小・零細企業から大企業まで経営破たんが広がっている。

【形態別】(負債1,000万円以上)

 「新型コロナ」関連破たんのうち、倒産した1,735件の形態別では、破産が1,545件(構成比89.0%)で最多。次いで民事再生法が86件(同4.9%)、取引停止処分が82件(同4.7%)、特別清算が14件、内整理が7件、会社更生法が1件と続く。

 「新型コロナ」関連倒産の約9割を消滅型の破産が占め、再建型の会社更生法と民事再生法の合計は1割未満にとどまる。業績不振が続いていたところに新型コロナのダメージがとどめを刺すかたちで脱落するケースが大半。

 先行きのめどが立たず、再建型の選択が難しいことが浮き彫りとなっている。

【従業員数別】(負債1,000万円以上)

  「新型コロナ」関連破たんのうち、従業員数(正社員)が判明した1,729件の従業員数の合計は1万9,723人にのぼった。

 1,729件の内訳では従業員5人未満が954件(構成比55.1%)と、半数を占めた。次いで、5人以上10人未満が339件(同19.6%)、10人以上20人未満が233件(同13.4%)と続き、従業員数が少ない小規模事業者に、新型コロナ破たんが集中している。

 また、従業員50人以上の破たんは2021年1-3月で12件、4月以降は4件発生している。

※ 企業倒産は、負債1,000万円以上の法的整理、私的整理を対象に集計している。
※ 原則として、「新型コロナ」関連の経営破たんは、担当弁護士、当事者から要因の言質が取れたものなどを集計している。
※ 東京商工リサーチの取材で、経営破たんが判明した日を基準に集計、分析した。

(負債1,000万円以上)

(負債1,000万円未満を含む)

あわせて読みたい

「倒産」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  10. 10

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。