記事
  • ロイター
  • 2021年08月19日 15:40 (配信日時 08月19日 15:35)

アジアの航空会社、乗務員らにワクチン普及 接種率ほぼ100%も


[シンガポール/クアラルンプール 19日 ロイター] - アジアの航空会社では、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に伴い導入されている厳しい国境管理の緩和が待たれる中、操縦士や乗務員の間で高いワクチン接種率が報告されている。

アジア太平洋地域の海外旅行は、パンデミック前の水準から約95%減少したままで、変異ウイルス「デルタ」を巡る懸念から一段と厳しい検疫やフライトの上限を設けている場所もあり、多くの乗務員が自宅待機となっている。

シンガポール航空、とマレーシア航空、豪カンタス航空、香港のキャセイ・パシフィック航空などは従業員にワクチン接種を義務付けている。

シンガポール航空は、現場の第一線で働く地上スタッフ全員に加え、稼働中の操縦士と客室乗務員の99%が9月1日までの期限を前にワクチンを接種したと発表した。

マレーシア航空は7月に打ち出した方針に基づき、稼働中の操縦士と客室乗務員全てに加え、マレーシアを拠点とする従業員の95%がワクチンを接種したと明らかにした。

カンタス航空は18日、全従業員に新型コロナワクチンの接種を義務付けると発表した。

キャセイは操縦士と客室乗務員に8月31日までのワクチン接種を義務付けている。

カンタス系列の格安航空会社でシンガポールを拠点とするジェットスター・アジア航空は全従業員に10月1日までのワクチン接種を義務付けており、接種率はほぼ100%に達しているとした。

ワクチン接種が義務化されていない航空会社でも接種比率は高くなっている。

フィリピンのセブ・パシフィック航空は操縦士の97%を含め、従業員の92%がワクチンを接種したと発表。エアアジア・フィリピンでは、客室乗務員の97%を含め、従業員の92%が自主的にワクチンを接種したという。

また、台湾の中華航空は全ての操縦士と客室乗務員が少なくとも1回のワクチン接種を完了したとしている。エバー航空では乗務員の90%以上が全ての接種を終えているという。両社はワクチン接種が義務なのかどうかに言及しなかった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。