記事
  • ロイター
  • 2021年08月19日 12:20 (配信日時 08月19日 12:11)

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 押し目買い入り下げ渋る


[東京 19日 ロイター] - 午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比191円48銭安の2万7394円43銭となり、反落した。米株安を嫌気し軟化して始まったものの、売り一巡後は割安感から押し目買いが流入して下げ渋り、弱もちあいとなった。

18日の米国株式市場は続落し、ダウ工業株30種は382ドル安、S&P総合500種は1%超下落して取引を終えた。午後発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、量的緩和策を縮小する際の雇用面での条件が年内にも達成される可能性が示された。

日本株は、朝方から軟調な展開。米株市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX)が3日続落したことを嫌気し、半導体関連株が軟化したほか、先駆した海運株も利益確定売りに押された。一方、相場を取り巻く環境の不透明感から、医薬品や食料品などディフェンシブ銘柄が活況となっている。

売り一巡後は下げ渋る展開となった。薄商いの間隙を突いた先物の売り仕掛けを除くと、日経平均で2万7500円以下の水準は割安感が生じるため、実弾売りを浴びるような状況にはならないとの指摘もある。

市場では「先週まで発表された決算の内容が良かったため、下がったところでは押し目買いが入る。業績が株価を下支えする要因になっているようだ」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声も聞かれた。

TOPIXは0.74%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0533億9800万円と細っている。東証33業種では、鉄鋼、鉱業、石油・石炭製品などが下落し、値上がりしたのは医薬品、情報・通信業の2業種にとどまった。

個別では、東京エレクトロンが大幅安となったほか、トヨタ自動車も軟調。日本郵船など海運株もさえない。半面、山崎製パン、塩野義製薬がしっかりだった。

東証1部の騰落数は、値上がりが664銘柄、値下がりが1410銘柄、変わらずが106銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。