記事

「勝ち組っぽい女性を狙った」容疑者は、なぜ幸せそうな女性に憎悪を募らせたのか

1/2

8月6日、東京都世田谷区を走行中の小田急線の車内で、乗客10人が男に切りつけられて重軽症を負った。容疑者は警察の調べに対し「勝ち組っぽい女性」を狙ったと話しているという。フェミニズムについて積極的に発言している作家のアルテイシアさんは、女性を狙った殺人「フェミサイド」から目をそらさないでと話す――。

小田急線の祖師ケ谷大蔵駅に駆け付けた救急隊員ら=2021年8搈6日夜、東京都世田谷区小田急線の祖師ケ谷大蔵駅に駆け付けた救急隊員ら=2021年8月6日夜、東京都世田谷区 - 写真=時事通信フォト

「なかったこと」にしてはいけない

小田急線内での事件の報道の後、ずっとこの事件のことを考えている。物書きとして、私はこの事件について書くべきだ。でもどうしてもうまく書けない。

ショック、混乱、怒り、悲しみ、絶望……いろんな感情があふれて文章がまとまらない。でももう、まとまらなくていいやと思った。

うまく書けないけれど、私はこの事件について書く。なぜなら、絶対に忘れ去られてはいけないから。日々のさまざまなニュースに紛れて「なかったこと」にされてはいけないから。

被害者の女性は、一生忘れられない体と心の傷を抱えて生きていくのだろう。今後電車に乗れなくなったり、通学や出勤ができなくなる可能性もある。そうやって突然人生を壊されたのだ、ただ電車に乗っていただけなのに。

こんなひどい事件は許せない、二度と繰り返してはいけない。この文章を読んでいるあなたもきっとそう思っているだろう。

であれば、どうすればこんな事件を防げるか? 自分たちにできることは何か? を一緒に考えてほしい。

女性を狙った“フェミサイド”

容疑者の男は「6年ほど前から、女を殺したいという感情が芽生えた」「出会い系で断られたりして、幸せそうな勝ち組の女を殺したかった」と供述している。

「女を殺したかった」と明確に語っているのだから、この事件はフェミサイドだ。

フェミサイドとは「女性であることを理由に、男性が女性を殺害すること」を指す。フェミサイドの背後にはミソジニー(女性に対する憎悪・嫌悪・差別意識)が存在する。

ネット上で「これはフェミサイドじゃない」と否定している人々は、この社会にミソジニーが存在することを隠したい、臭いものにふたをしたいのだろう。そうした声が大量にあふれることが、この社会が女性差別社会であることを表している。

女性を狙ったフェミサイドの連鎖を防ぐためには、社会が「フェミサイドを許さない」と強い抗議の声を上げる必要がある。

海外ではインセルによる凶悪事件の連鎖が社会問題になっている。

「この事件の容疑者は元ナンパ師だから非モテじゃない」「だからインセルじゃない」という声も上がっているが、そもそも「非モテ=インセル」ではない。そこは誤解がないように強調しておく。

アメリカで生まれたインセルという言葉は「不本意な禁欲主義者」を意味する。わかりやすく言うと「俺が恋愛やセックスをできないのは女が悪い」と女性を逆恨みして、憎悪をつのらせる一部の男性をインセルと呼ぶ。

彼らは「男には恋愛やセックスをする権利がある、女にケアされて性欲を満たされる権利がある、その権利を不当に奪われている」という強い被害者意識を持っている。

また進学、就職、仕事、人間関係……等のあらゆる挫折やストレスを「俺の人生がうまくいかないのはモテないから、つまり女が悪い」と女性に責任転嫁して、逆恨みする傾向がある。

女性を対等とみなさない“インセル”

日本でもネット上で自称「非モテの弱者男性」の一部が「女を再分配せよ」と主張しているが、女はモノではない。これも「男には女を所有する権利がある」と認知が歪んでいるからで、その歪みこそが男性優位社会の産物だろう。

「女を所有してこそ一人前」「女をモノにできない自分は男社会で認められない」という劣等感から女を逆恨みするのも、ホモソーシャルの産物だ。

(話がそれるが、リアルナンパアカデミーの集団準強姦事件*で逮捕された塾生たちは女性との性交回数を競い合っていたそうだ。セックスすることよりも、仲間から称賛を集めることが目的になっていたという。これも「モノにした女の数が男の価値」というホモソーシャルとミソジニーの産物である)

インセルに話を戻すと、彼らは女性を自分と対等な人間だと思っていない。だから「女のくせに、俺を拒絶しやがって」「女のくせに、幸せそうにしやがって」「自分の思い通りにならない女が憎い、そんな女に復讐してやる」と憎悪をつのらせるのだ。

2014年アメリカでは、インセルを自称する22歳の男が「女への復讐」を宣言して、6人を殺害して14人 を負傷させたのちに自殺した。

犯人のエリオット・ロジャーはインセルコミュニティで崇拝され英雄視され、その後、インセルによる凶悪事件の連鎖が起こっている。

2018年にはフロリダ州の高校で乱射事件があり、17人が殺された。この犯人も「エリオット・ロジャーは不滅だ」とネットに書き込んでいた。

同年カナダでは「インセル革命はすでに始まっている! 最高紳士エリオット・ロジャー万歳!」とSNSに投稿した男が車で通行人に突っ込み10人を殺害した。

スマートフォン※写真はイメージです - 写真=iStock.com/gorodenkoff

分断している場合ではない

インセルによる大量殺人事件は、社会全体にとって深刻な脅威だ。誰もが安心して暮らせる社会にするためには、男女で分断している場合ではない。

フェミサイドを起こさないために、その背後にあるミソジニーや女性差別をなくすために何ができるか? みんなが自分ごととして考えて、知恵を出し合うべきだろう。

何度も強調するが、非モテ=インセルではない(インセルによる犯罪が起こることで非モテ差別が強化されないためにも、犯罪に歯止めをかける必要がある)。

古(いにしえ)より非モテに悩む若者はゴマンといる。その一部がインセル化して事件を起こしたキッカケは、ネットでインセルコミュニティに出合ったことなんじゃないか。

ここには自分を理解してくれる仲間がいる。仲間内では女叩きをすればするほど称賛される。仲間からもっと称賛されたい。自分も崇拝される英雄になりたい……そうしてミソジニーが強化されていった結果、凶行に及んだんじゃないか。

そんなの外国の話で自分たちとは関係ない、と目をそらしている場合じゃない。現実に日本でもフェミサイドが起きている。

そして日本でもネット上で女叩きをするコミュニティが存在する。彼らは女性を狙って嫌がらせや誹謗中傷を繰り返しており、特にフェミニストの女性に対する攻撃は過激化している。

*リアルナンパアカデミーの集団準強姦事件
2017年から18年にかけて、ナンパ術を教えるという触れ込みの「リアルナンパアカデミー」というグループのメンバーが、女性を酒に酔わせてレイプする性犯罪を重ねていた事件

あわせて読みたい

「ミソジニー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  3. 3

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  4. 4

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  7. 7

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  8. 8

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  9. 9

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。