記事
  • ロイター
  • 2021年08月18日 08:50 (配信日時 08月18日 08:45)

若年男性のコロナ感染リスク、過小評価の可能性=カナダ調査


[17日 ロイター] - 若年男性の新型コロナウイルス感染リスクが現時点で認識されているより高い可能性があることが、カナダの研究チームの調査で分かった。

研究チームは米医学誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」に17日に掲載された論文で、若年層のコロナ感染は表面化しにくく、特に若年男性が比較的高齢の成人の感染をひそかに拡大させている可能性があると指摘した。

高齢者は感染や重症化のリスクが高いため、ワクチン接種が優先的に行われてきた。

今回の調査では、報告されている高齢者の感染率の高さについて、症状がより深刻なため検査頻度が高いことが部分的に影響している可能性が示された。

論文の共同執筆者であるトロント大学のデービッド・フィスマン氏は「確認されている感染者数が検査件数に左右されることをわれわれは時に忘れている。検査件数は年齢層によって異なる」と述べた。

研究チームは2020年3─12月にカナダ・オンタリオ州で実施された全てのPCR検査とその結果を用いて統計モデルを考案し、年齢層ごとの感染率の違いに検査頻度が影響しているか分析した。

その結果、検査頻度の影響を調整した上で感染リスクを比較すると、人口全体と比べて10歳以下の子どもと80歳以上の高齢者で最も低いことが分かった。一方、思春期および20─49歳の若年成人、特に若年男性で最も高かった。

フィスマン氏は「このパンデミック(世界的大流行)でわれわれが目にしているのはもっと大きな氷山の一角であり、その氷山の大部分は若者だ」と述べた。その上で、今回の研究はカナダ1州のみのデータに基づいており、より多くの人口で追加調査が必要だと指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。