記事
  • ロイター
  • 2021年08月18日 01:20 (配信日時 08月18日 01:15)

米住宅建設業者指数、8月は13カ月ぶり低水準 価格高騰など重し

[17日 ロイター] - 全米住宅建設業者協会(NAHB)が17日に発表した8月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数は75と、前月の80から低下し、2020年7月以来13カ月ぶりの低水準を付けた。住宅価格の高騰や供給不足が重しとなった。

住宅建設業者指数は50が改善と悪化の分岐点となる。市場予想は80だった。20年11月には90と過去最高を付けていた。

NAHBのチャック・ファウク会長は「住宅購入を検討している人の中には、価格高騰にショックを受けている人もいる」と指摘。「住宅購入への関心は依然として高いものの、コストの上昇や資材調達の問題により、住宅建設の水準が低下し、一部の新築住宅の販売が滞っている」と分析した。

現況の一戸建て販売指数は5ポイント低下し81。向こう6カ月間の住宅販売予測指数は81と横ばい。潜在的な住宅購入者の見方を示す指数は5ポイント低下し60だった。

オックスフォード・エコノミクスの米国担当主任エコノミスト、オレン・クラクキン氏は、木材価格が下がる一方で多くの材料はなお非常に高価だとし、「材料価格の高騰や労働者の供給不足、建設用地の不足など、新型コロナウイルス感染に伴う制約の多くは、秋にかけても住宅建設業者の活動の足を引っ張り続ける」と予想した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  7. 7

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  8. 8

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  9. 9

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  10. 10

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。