記事

アフガン政権崩壊

アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは、昨日15日、首都カブールを制圧して勝利宣言しました。ガニ大統領は国外に脱出し、民主政権は瓦解しました。

タリバンが政権を掌握し、2001年の米中同時テロ後の米英軍による攻撃で旧タリバン政権が崩壊して以来約20年ぶりに復権しました。

闘いが泥沼化する中、トランプ前大統領が2018年にタリバンとの直接協議を開始し、2020年2月に米軍の段階的撤退を進めることで双方合意しました。

この枠組みを維持したバイデン大統領は、今年4月、米同時多発テロから20年となる今年9月1日までに、駐留米軍を完全撤退させると表明しました。その後、さらに計画を早めて8月末までの撤退を掲げました。

米軍に頼ってきた政府軍の統率は一気に崩れ、各州都への一斉攻撃から10日で、首都カブールが陥落しました。

アメリカでは、泥沼化する中で2300人もの戦死者出ていて、バイデン大統領の完全撤退を7割の国民が支持しているとのこと。この20年は、一体何だったのでしょうか。

タリバンは、民主的選挙に反対し、手首を切り落とすなどの残虐な行為を行い、女性に教育を受けさせないなどの人権無視で知られています。

国連や米中などの各国間での人権を守る活動が必須です。

米国に次ぐ援助国日本の働きかけも求められます。

あわせて読みたい

「タリバン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。