記事
  • ロイター
  • 2021年08月17日 10:50 (配信日時 08月17日 10:40)

カブールからの退避活動、米政権内でバイデン氏に不満の声


[ワシントン 16日 ロイター] - アフガニスタンの首都カブールからの退避を巡り、米国の政権当局者らの間ではバイデン大統領の対応に不満や怒りの声が高まっている。

米国の外交官の退避活動中、数千人のアフガン人がカブール空港に押し寄せ、16日に5人が死亡。米軍は空港の混乱を収めるため、一時的に運航を停止した。

バイデン大統領は16日のテレビ演説で、アフガン人をなぜもっと早く退避させられなかったのか懸念があることを認識しているとしつつ、その時点ではアフガン政府からそうすることを阻止されていたと説明。「一部のアフガン人が依然として国に期待を抱いており、早期の退避を望んでいなかったことがその答えの一部分だ」と述べた。

ただ、5人の米当局者は匿名を条件にロイターに対し、米国が支援するアフガン政権が崩壊する数週間前に、米国のために働いていたことでリスクのあるアフガン人の退避支援強化を米軍は望んでいた、と指摘。より秩序だった退避が可能だったとの認識を示した。

ある軍当局者は「われわれは支援のためにより多くのことができただろう。政権はあまりに長く待ちすぎた」と語った。

これに対し、政権高官はサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)のコメントに言及した。

サリバン氏はバイデン大統領のチームが「数カ月にわたり広範なシナリオに取り組み、今回の困難に対する準備ができていた」と説明。アフガン政権の急速な崩壊にもかかわらず、大使館は「安全かつ迅速に」閉鎖され、「現在は安全かつ迅速な人々の退避に集中している」と述べた。

インテリジェンスにも問題があった。先週のある評価では、少なくとも今後30日間はカブールが孤立化することはないと見られていた。

事情に詳しいある関係筋は、アフガン情勢が悪化する中でバイデン政権は後手に回っていたと指摘。「あらゆる決定が遅すぎた」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  3. 3

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  4. 4

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  7. 7

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  8. 8

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  9. 9

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。