記事
  • ロイター
  • 2021年08月17日 08:35 (配信日時 08月17日 08:29)

海外投資家の米国債保有、6月は昨年2月以来の高水準 幅広い需要

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米財務省が16日発表した6月の対米証券投資統計によると、海外投資家の米国債保有は昨年2月以来の大きさとなった。アナリストによると、幅広い需要が見られ、6月の米国債利回り低下につながった。

海外投資家の米国債保有は6月に7兆2020億ドルと、前月の7兆1350億ドルから増加し、過去2番目の大きさとなった。

TD証券のシニア米金利ストラテジスト、ゲンナディー・ゴールドバーグ氏は「米国債保有の増加が最も大きかった国にはアイルランドやケイマン諸島、ルクセンブルクなど証券保管機関がある国も含まれ、幅広い買いが見られたことがうかがえる」と指摘。

その上で「これは6月の米国債価格上昇と合致している。米国債は5月、6月に買われたが、6月に金利押し下げ効果があったようだ」と述べた。

米10年債利回りは6月初めの1.6062%から、月末には1.4680%に低下した。

国別では日本の保有額が1兆2770億ドルで首位を維持。5月の1兆2660億ドルから増加した。

一方、中国の保有額は1兆0610億ドルで、5月の1兆0780億ドルから減少。昨年10月以来の低水準となった。

取引ベースでは、海外投資家は米国債を108億6000万ドル買い越した。5月は933億6000万ドルの売り越しだった。

米社債は6カ月連続の買い越し。買い越し額は138億3500万ドルで、5月の173億1000万ドルから減少した。

米国株は252億ドルの買い越し。5月は24億ドルの売り越しだった。

6月の対米証券投資は全体で315億ドルの買い越し。5月は982億ドルの買い越しだった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。