記事

菅新政権は清新な「脱・世襲」内閣だ

 5日付け朝日新聞記事から。
 菅新首相「期待」59%、民主は回復 朝日新聞世論調査
 朝日新聞社が4、5の両日実施した全国緊急世論調査(電話)によると、菅直人新首相に「期待する」人は59%で、「期待しない」33%を大きく上回った。参院選比例区の投票先で民主は33%と、鳩山由紀夫首相の辞任表明に伴う前回調査(2、3日)の28%からさらに上昇し、自民の17%(前回20%)と大きな差がついた。首相交代の効果はいまのところくっきり表れている。

 昨年の衆院選直後の調査で、首相就任が確実だった鳩山氏に「期待する」は63%だった。菅氏はこの時とほぼ同程度の期待を集めている。

 背景には菅氏の「脱小沢」の姿勢に加え、改革の進展や民主党の変化への期待があるようだ。

 民主党幹事長の小沢一郎氏と距離を置く菅氏の姿勢を「評価する」は82%、「評価しない」10%で、高い評価を受けている。

 菅氏が首相になることで民主党が「変わると思う」は42%、「そうは思わない」49%と悲観派が多いが、「変わると思う」人の中では菅新首相に「期待する」が87%に達する。

 参院選比例区の投票先は、鳩山首相が米軍普天間飛行場の沖縄県名護市移設を決めた直後の先月29、30日の調査では、民主20%、自民20%と並んでいた。しかし、首相交代で急速に回復、1週間で自民のほぼ倍になった。政党支持率も民主は32%(同27%)に上がり、自民は14%(同16%)に下がった。

 一方、民主党中心の政権が「続いた方がよい」は38%、「そうは思わない」38%と伯仲。民主党政権の将来については必ずしも信認されているとはいえないようだ。無党派層では「続いた方がよい」25%より「そうは思わない」45%が多くなっている。

 政治が「大きく変わってほしい」は78%、「それほどでもない」は15%。政治そのものへの変化の願望も強い。衆院の解散・総選挙を「早く実施すべきだ」33%、「急ぐ必要はない」57%だった。

http://www.asahi.com/politics/update/0605/TKY201006050315.html

 各メディアの緊急世論調査によれば、菅直人新首相に対する期待値が軒並み6割前後を示しています、また自民党に逆転を許していた民主党支持率もV字回復、朝日の調査でも民主33%と自民17%にダブルスコアの差になっております

 有権者は鳩山・小沢のダブル辞任を評価しており、特に小沢氏と距離を置く菅氏の姿勢は、「評価する」82%と高評価になっています。

 みんなの党や自民党当たりは単なる選挙目当ての表面上の「小沢隠し」にすぎないと批判を強めていますが、新政権にしてみれば小沢氏が議員辞職でもしないかぎり150人の小沢グループを完全に無視することも現実的には不可能なわけで、その中での菅氏の今回の人事はしっかりと「脱小沢」色を打ち出していると評価できます。

 脱小沢など当然のことであり、ここで小沢支配を終焉しなければ早晩民主党は有権者から見放されましょう、一部で参院戦後の9月の民主党代表選で小沢氏が反転攻勢にでるなどの推測もあるようですが、小沢氏本人の復権はよもや世論が許さないでしょうし、また小沢傀儡の候補者を擁立するとするならば、その時点で民主党は脱小沢で闘う参院選の結果に対して世論を裏切ることになります。

 「脱」とか「反」「親」など民主党はいつまでもコップの中の不毛な議論している余地はありませんでしょう。

 ・・・

 さて菅新政権ですが報道によれば新政権閣僚に内定した顔ぶれはなかなか新鮮であり評価できます。

 「脱小沢」などの馬鹿の一つ覚えのレッテル張りに忙しいメディアなのでありますが、それよりも今回の新政権のメンバーには顕著な興味深い特徴があり、なぜメディアが取り上げないのか不思議なのであります。

 8日夕刻に正式に組閣する内閣に内定した顔ぶれを見てみましょう。
◇入閣が固まった顔ぶれ
役職氏名年齢
 総理菅直人63
 総務※原口一博50
 法務※千葉景子62
 外務※岡田克也56
 財務野田佳彦53
 文部科学※川端達夫65
 厚生労働※長妻昭49
 農林水産山田正彦68
 経済産業※直嶋正行64
 国土交通・沖縄北方※前原誠司48
 環境※小沢鋭仁56
防衛※北沢俊美72
 官房仙谷由人64
国家公安・拉致・防災※中井洽67
 行政刷新蓮舫42
 国家戦略荒井聡64
 金融・郵政※亀井静香73
公務員改革玄葉光一郎46

◇民主党役員
役職氏名年齢
 幹事長枝野幸男46
 国会対策委員長樽床伸二50
 選挙対策委員長安住淳48

※・・・・再任
★・・・・世襲議員
☆・・・・親族に政治関係者有り

 ご覧のとおり菅氏を含めた18閣僚中いわゆる世襲議員は、日本社会党衆議院議員中井徳次郎を父に持つ中井洽氏ただ一人であります。

 他に親族に政治家を有する閣僚は、父が県会議員だった北沢俊美氏と岳父が佐藤福島県知事であった玄葉光一郎氏の二人だけであり、国会議員として地盤を引き継いだわけではありません。

 菅新政権は、18閣僚中いわゆる世襲議員はわずか一人という清新さなのであります。

 これは歴代の自民党政権と比較しても非常に顕著な特徴だと指摘できます。

 鳩山・小沢W辞任の意味するもうひとつの重要な側面は、結果的にですが民主党権力から世襲議員の陰をも排除したことです。

 そして新政権が日本政治史的に画期的なのは、実はメディアが騒ぐ「脱・小沢」などの小さなスケールの話よりも、こちらの「脱・世襲」内閣の誕生こそなのだと私は考えます。

 自民党凋落の一因にはびこる世襲議員の問題を再三取り上げてきた当ブログですが、参考までに自民党最後の政権・麻生政権の顔ぶれと比較してみましょう。
◇麻生内閣の顔ぶれ
役職氏名
総理麻生太郎
総務鳩山邦夫
法務森英介
外務中曽根弘文
財務・金融中川昭一
文部科学塩谷立
 厚生労働舛添要一
農水石破茂
経済産業二階俊博
 国土交通中山成彬
 環境斉藤鉄夫(公明)
防衛浜田靖一
内閣官房河村建夫
 国家公安佐藤勉
 経済財政与謝野馨
行政改革甘利明
消費者行政野田聖子
少子化小渕優子

 どうでしょう、18閣僚中麻生首相を始め過半数の10閣僚が世襲議員であり、野田聖子氏など祖父から引き継いだ政治関係者を親族に有する政治家を含めると実に13人を数えます。

 ・・・

 メディアはなぜ取り上げないのか不思議であります。

 今回の菅新政権は「脱・小沢」内閣であるだけでなく「脱・世襲」内閣の様相を示しています。

 実に清新であります。

(木走まさみず)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  3. 3

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  4. 4

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  5. 5

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  6. 6

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  7. 7

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  8. 8

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  9. 9

    「70歳定年」の時代へ 退職後の生活で意識したい3つの収入とは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月17日 17:35

  10. 10

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。