記事
  • ロイター
  • 2021年08月16日 12:05 (配信日時 08月16日 12:04)

前場の日経平均は大幅続落、懸念材料重なり全体的に売り優勢に


[東京 16日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比536円03銭安の2万7441円12銭となり、大幅続落。新型コロナウイルスの感染拡大、アフガン情勢による地政学リスクの浮上、円高に対する警戒感、大雨の景気への影響など懸念材料が重なり、全体的に売り優勢となった。

前引けは安値引けとなった。

13日の米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が小幅上昇し、終値ベースの最高値を更新した。一方、寄り付き前に内閣府が発表した2021年4―6月期実質国内総生産(GDP)1次速報は前期比0.3%増、年率換算で1.3%のプラス成長となった。

これら好材料はあるものの、新型コロナウイルスの感染拡大による景気回復の遅れが懸念され、日本株は終始売り優勢の展開。相場全般は下げ止まる気配を感じさせず、日経平均は500円を超す下落となるなど、下値を模索する動きとなっている。

ただ、一方では、富士フイルムホールディングス、荏原製作所など前週末に好決算を発表した銘柄は買いが集中。企業業績の好調が目立ち、時価水準は割安感があるため、レンジ下限に近付いてきたここから下げ渋る可能性があるとの見方も出ていた。

市場では「感染拡大などの悪材料があるにしても、ここまで下げが大きくなったのは想定外。薄商いの中で先物主導で下げた格好だ」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声も聞かれる。

TOPIXは1.73%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2171億7800万円とやや膨らんだ。東証33業種では、海運業を除く32業種が値下がりした。

個別では、トヨタ自動車など主力銘柄が総じてさえない。前週末に個別決算の見通しについて下方修正した日本通運が大幅安となり、ソフトバンクグループやファーストリテイリングも軟調に推移した。半面、日本郵船が高い。

東証1部の騰落数は、値上がりが232銘柄、値下がりが1888銘柄、変わらずが64銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  7. 7

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  8. 8

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  9. 9

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  10. 10

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。