記事

夫婦別姓議論で見られる「日本古来の伝統」とは何か 明治維新で起きた“名前の革命”

1/2
元経産省官僚の宇佐美典也さんに「私が○○を××な理由」を、参考になる書籍を紹介しながら綴ってもらう連載。第15回のテーマは、日本における「氏名」の常識について。今とはかけ離れていた江戸時代の「名前」がなぜ現在の形に変化したのか、その背景を辿るとともに、現在夫婦別姓議論をめぐって見られる「日本古来の名前の伝統」という表現について考えます。


私が夫婦別姓の議論は明治維新以来の「名前の革命」につながると思う理由

現代の日本では「姓(氏)」があって「名」があって合わせて「名前」となる、というのは当たり前の常識になっている。

私で言えば当然の如く「宇佐美(うさみ)」が姓で「典也(のりや)」が名で、姓は家族と同じくし、名は親からつけられ原則一生涯変わらない、ということになるのだが、これが当たり前になったのは明治維新以来のことである。

江戸後期から明治初期にかけての「名前」の変化について詳細に解説した「氏名の誕生―江戸時代の名前はなぜ消えたのか」(尾脇秀和著)を読むと、明治維新までの日本には現在と全く異なる名前の常識が存在していたことが分かる。

大隈重信は「大隈八太郎」だった江戸時代

写真AC

元内閣総理大臣で早稲田大学創始者としても名高い明治維新期の偉人・大隈重信公の江戸時代のフルネームは以下のようなものだった。

「① 大隈 ②八太郎 ③菅原 ④朝臣(あそん) ⑤重信」

それぞれ①〜⑤の部位には①苗字、②通称、③本姓、④カバネ、⑤実名(または名乗)、という名称がある。現代では当たり前とされている「大隈重信」というのは「①苗字+⑤実名」に当たるわけだが、それはあくまで現代の常識で、江戸時代は「①苗字+②通称」が名前とされていた。つまり「大隈重信」は「大隈八太郎」というわけだ。

なおすべからく庶民が設定していたのは②通称のみで、他の部分は設定していない人も多く、①苗字を設定していない場合は通称のみで「百姓何兵衛」というように名乗っていた。特に④カバネは爵位のようなもので、持たない者がほとんどであったので以後議論から省略する。

一番重要な②通称には官名を当てるケースも多く、例えば水野忠邦の場合は

「① 水野 ②越前守(えちぜんのかみ) ③源 ⑤忠邦」

という具合で彼の場合、当時は「水野越前守」が名前だったということになる。現代の常識で捉えると「水野忠邦」が名前で「水野越前守」と呼ばれていたように勘違いしがちだが、そういうわけではなく、「水野越前守」がまさしく当時の彼の名前であった。

ちなみに「越前守」というのは本来、「越前国の地方長官」を意味するが、もはやそうした意味は形骸化しており、単なる格式を表す指標にしかなっていなかったらしい。名奉行として名高い「大岡越前守忠相」の場合も同様である。ただこれは、名前を聞いただけで大体その人がどれくらい偉いか分かる、という意味で実利を兼ねていた面もあった。

実体を伴わない名前の横行 政府が動く

そんなわけで江戸時代は「①苗字+②通称」が名前とされており、大隈重信は大隈八太郎であったわけだが、この通称に実体の伴ってない官名を当てるような事例が非常に多かった。先ほど例を挙げた越前守は正式な官名で、これを通称に用いるには朝廷の許可を得なければならなかったのだが、何の権利もなく官位を織り交ぜる行為は広く一般化していた。

例えば「石川五右衛門」や「大石内蔵助」で知られる「右衛門」「内蔵助」のような名前も、古い官名を朝廷の許可を得ずに勝手に通称に用いて一般化したものだという。先ほどあげた「百姓何兵衛」の「兵衛」も古い官位名である。

なんでこんな具合に実体のない官位を名前に用いるような行為が社会的にまかり通っていたかというと、それは朝廷の権威が地に落ちていたからである。これが明治になって朝廷の権威が復興してくると、朝廷の権威を対外的に示すためにも、この実体と名前の乖離が問題化してくる。そうすると当時当たり前になっていた「①苗字+②通称」という名前の形式のあり方をそのまま放置しておくわけにはいかなくなってきて、政府が名前のあり方に色々と口を出してくるようになる。

その過程でさまざまな混乱があったのだが、ここで存在が注目されたのはそれまでは書状のサインや朝廷での叙任儀式でしか用いられることはなかった「⑤実名(または名乗)」、大隈公で言えば「重信」の部位であった。ちなみに朝廷での叙任儀式は「③本姓+⑤実名(または名乗)」を用いており、これは一般常識とは隔絶された公卿にとっての名前であった。

大隈公の場合は「菅原重信」ということになり、ごく一時はこれが正式な名前とされた。公卿は一生懸命この「③本姓+⑤実名(または名乗)」の組み合わせを名前として復活させようとしたのだが、朝廷とは縁遠い庶民はそもそも本姓を設定していない人がほとんどで、また、従来の「①苗字+②通称」とかけ離れ過ぎているということでこの運動は頓挫することになる。

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。