記事
  • ロイター
  • 2021年08月16日 09:35 (配信日時 08月16日 10:15)

実質GDP、4―6月期は年率1.3%増 自粛下でも消費意欲と西村氏


[東京 16日 ロイター] - 内閣府が16日発表した2021年4―6月期実質国内総生産(GDP)1次速報は前期比0.3%増、年率換算で1.3%増のプラス成長となった。GDP統計の多くを占める個人消費が予想に反して2四半期ぶりに増加に転じ、西村康稔経済財政担当相は、外出自粛の一方で「旺盛な消費意欲もみられる」と指摘した。堅調な企業業績を背景に設備投資もプラスに寄与した。

実質GDPが前期比プラスに転じたのは2四半期ぶり。ロイターが実施した民間調査では前期比0.2%増、年率換算で0.7%増との予想で、発表された成長率は予測を上回った。

個人消費は前期比0.8%増と、2四半期ぶりのプラスだった。予測中央値は前期比マイナス0.1%だったが、予想に反してプラスに転じた。外出自粛の影響で飲食などは振るわなかった。

消費とともに内需の柱となる企業の設備投資は前期比1.7%のプラスだった。設備投資のプラスも2四半期ぶり。民間住宅は前期比2.1%増、政府の消費支出は同0.5%増となった。

海外経済の回復を受けて輸出は前期比2.9%のプラスだった。一方、輸入が同5.1%のプラスとなった影響で、GDP全体に占める外需の寄与度はマイナス0.3%となった。内需は0.6%のプラス寄与だった。

7―9月期もプラス成長を予想する声が今のところは多い。ただ、新型コロナウイルスワクチン接種の進展に伴う成長ペースの加速は後ずれ含みで、力強さに欠く展開も想定される。

日本経済研究センターが実施したESPフォーキャスト8月調査(回答期間7月30日─8月6日)によると、7―9月期GDPは年率2.55%のプラス成長に下方修正された。7月調査では年率4.90%のプラス成長が見込まれていた。

<追加対策「躊躇なく機動的に」>

GDP統計が4―6月期に実質プラス成長となったことを受けて、西村担当相は「日本経済には潜在的な回復力がある」とする談話を発表した。

新型コロナ感染の拡大抑制が重要との認識も併せて示し、「協力金をはじめ重点的・効果的な支援策をできる限り迅速に実行することで雇用と事業、生活を支えていく」とした。

経済財政運営では、20年度3次補正予算や21年度予算の執行と同時に「自律的な経済成長に向けて躊躇(ちゅうちょ)なく機動的なマクロ政策運営を行う」との考えを重ねて示した。

(山口貴也、杉山健太郎 グラフ作成:田中志保 編集:内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

  10. 10

    東京都で新たに565人の感染確認 28日連続で前週の同曜日を下回る

    ABEMA TIMES

    09月19日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。