記事

池上彰「コロナ禍をどう生きるべきかは、すべて歴史書を読めばわかる」

1/2

コロナ禍はこれからどう進んでいくのか。ジャーナリストの池上彰さんは「歴史書が参考になるはずだ。歴史を学ぶというのは過去についてあったことを知るだけでなく、未来について考える力を身につけることになる」という――。

※本稿は、池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題12』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

学生が立てこもる東大安田講堂に向け、放水する機動隊の車両

学生が立てこもる東大安田講堂に向け、放水する機動隊の車両=1969年1月、東京都文京区 - 写真=時事通信フォト

学生運動で授業が無くなったからこそ今の自分がある

新型コロナウイルス感染症の影響で、企業が新卒採用を手控えています。第2の就職氷河期到来かなどと報道され、不安になっている若者も多いでしょう。でも、いまできることをやるしかありません。

「学生のときにしておいたほうがいいことは何ですか?」とよく聞かれます。これに対し「たくさん本を読むことです」と答えます。

私も学生時代かなり本を読みましたが、いま考えるともっともっと読んでおけばよかったと後悔しています。

私が大学へ進学した1969年という年は学生運動が激しくなり、東京大学と東京教育大学(現在の筑波大学)の入試が中止になってしまう(東京教育大学は体育学部を除く)という、受験生にとっては大事件があった年です。学生たちの抵抗運動を抑えつけようとして、当時の政府は「大学管理法案」を通そうとしました。大学をもっと厳しく管理できるような法律です。それに対して多くの大学生たちが反発し、次々に全国の大学がストライキに入っていきました。

いろいろなことを学びたいと大学に入ったのに、ストライキが続いてキャンパスに入れず授業もない。自分で本を読んで勉強するしかありません。辛かったけれど、自分で課題を見つけて自分で学んでいくという力がついたと思います。その後もずっと勉強を続けていますが、あの頃の体験があるからこそ社会人になってからも独学でいろいろなことを学び、結果的にいまの自分があると思うのです。

独りの時間を持つことで成長できる

1960年代、京都大学に奥田東という名物総長がいました。入学式の祝辞で新入生を前に「京都大は諸君に何も教えません」と挨拶したといいます。新入生たちは度胆を抜かれたでしょう。これはどういうことかというと、大学の役割というのは手取り足取り君たちに教える場ではない。大学生は学生であり、生徒ではない。受け身ではなく自ら学んでください。それを大学はお手伝いしますというわけです。

コロナ禍でステイホームを強いられ、物理的には人と人とが切り離されてしまいました。でも現代はSNSでつながっている。人類の長い歴史の中でこんなに多くの人が常に誰かとつながり続けているというのは実は極めて異常なことです。人間は社会的な存在です。人と人とのつながりによって生きがいを感じます。それは当たり前ですが、四六時中誰かとつながり続けているのはむしろ異常な状態だと思った方がいいと思います。

時に孤独な時間も必要です。独りになって思索を深める時間を持つ。少しは1人で沈思黙考する。それが人間的にも学問的にも成長させてくれるのではないでしょうか。次の飛躍のために“孤独を糧”にしてほしいと思うのです。

SF小説の中に文化大革命を隠した中国人作家の『三体』

いまでも読書が大好きです。2020年に読んで印象に残っている本は、バラク・オバマ元大統領も絶賛したという、中国人作家の劉慈欣が書いた『三体』でした。文化大革命で父親を殺された女性の天文物理学者を軸に話が展開するSF小説です。小説の冒頭で、文化大革命で暴れまわった紅衛兵たちによる殺し合いのシーンが出て来ます。いわゆる内ゲバです。1970年代に日本でも過激な学生運動のセクトが内ゲバを始め、多数の死傷者が出たのですが、同じようことが中国でも起きていたのです。

私は大学の講義で中国現代史を教えるときには、「中国の文化大革命というのがどういうものだったかは『三体』の冒頭を読めばわかる、あの通りのことが起きたのだ」と話しています。

「いまの中国でこんな小説が出版できるのか」と驚きを持って読んだのですが、巻末の訳者あとがきを読んで納得しました。中国語版では文化大革命の話は中のほうにこっそり入っているそうです。さすがに冒頭で紅衛兵同士の殺し合いの話は無理だったのでしょう。それでも、中国の指導者たちがSFを読まないので、こういう小説が出版されているのですね。

事実と取材を徹底した半藤一利の本はよくできた推理小説のようだ

歴史を学ぶというのは過去についてあったことを知るだけでなく、未来について考える力を身につけることです。

辞書シリーズ

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/bernie_photo

作家の半藤一利さんが2021年1月、90歳で亡くなられました。もっともっと、たくさんのことを教えていただきたかったのにと思います。

半藤さんと初めてお会いしたのは、2008年8月15日にテレビ東京で放送された『何故あの戦争は始まったのか』の収録でした。

その後も、テレビ東京で戦争特番をつくるときに半藤さんに監修をしていただくこともありました。とくに印象に残っているのは、2018年8月放送の『「日本のいちばん長い日」が始まった』です。半藤さんが編集者時代の代表作『日本のいちばん長い日』がベースになっています。1945(昭和20)年8月15日、ポツダム宣言の受諾が国民に知らされた日。あの日のことを半藤さんは資料を読むだけではなく、政府や宮中などの、当事者80人に取材されたそうです。そうして軍のクーデター計画を中心に、緊迫の24時間を明らかにした作品です。

この作品からわかるように、半藤さんは昭和天皇を敬愛されていたのでしょう。また、青年将校たちが、どういう思いでクーデターをして終戦の決定をひっくり返そうとしたのかがよくわかります。

半藤さんはご自身のことを「歴史探偵」とおっしゃっていました。これはつまり、自分は歴史学者ではない、でも資料を読んでいると文献と文献の間には必ず齟齬がある。そこは実際に人に会って話を聞くなり一つひとつ徹底的に追求して、あとは推理を加える。自分は埋もれた真実を掘り起こす「歴史探偵」なのだということです。なるほど、半藤さんの本を読んでいると、よくできた推理小説のようなのです。

あわせて読みたい

「池上彰」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。