記事

「子供の7割にストレス反応」夏休みに子供を追い詰める在宅親の"ある言動"

1/2

コロナ禍で2回目の夏休みシーズンがやってきた。在宅勤務をしている親もいるだろう。産業医の武神健之さんは「コロナ禍でストレスを抱える子供が増えている。その要因が一緒に過ごしている大人の場合がある」と指摘する――。

マスク ※写真はイメージです - iStock.com/JGalione

「学校生活」の存在感が浮き彫りになった

昨年4月の1回目の緊急事態宣言から1年以上たち、コロナ禍での2回目の夏休みとなりました。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象となっている地域もあり、昨年同様ステイホームで過ごすのか、ワクチン接種などもあり、より多くの人が移動するのか、いろいろな行動様式が予想されます。

私はコロナ禍で1000人以上の働く人との産業医面談を通じて、大人がストレスを抱えていることは日々感じてきました。では、その大人に育てられている子供たちのストレス度合いは、どのようなものでしょうか。

多くの子供にとって、コロナ禍はそれまで当たり前であった学校生活が、どれだけ大きな存在であったかを改めて浮き彫りにしたと思います。学校は、単に学習機会の提供を保障するという役割のみならず、年相応の全人的な発達や成長を保障する役割、他者と安全安心につながることができる居場所(セーフティーネット)として、心身の健康を保障する役割も持っていることが再認識されました。

何らかのストレス反応を示す子供は70%以上

昨年から5回実施された国立成育医療研究センターのアンケートによると、コロナ禍で何らかのストレス反応を呈している子供は72~75%(第1~3回調査より)。そして、小学4~6年生の15%、中学生の24%、高校生の30%に、中等度以上のうつ症状があるそうです(第4回)。

直近の第5回調査では、先生や大人への話しかけやすさ・相談しやすさに対して、51%がコロナによって(とても/すこし)『減った』と回答しています。子供たちの生活の質を考える上での身体的健康については、全年齢群で以前の調査時よりも低く、精神的健康については、中高生で以前の調査時よりも低い結果でした。

また、この調査では、保護者の62%がこころに何らかの負担を感じており(第1回)、保護者の29%に中等度以上のうつ症状があることもわかりました(第4回調査)。

最初に「心身が疲れやすくなる子」が多い

大人に比べ、子供にとってのストレスとはどのような特徴があり、どんな症状を呈するのでしょうか?

学校 ※写真はイメージです - iStock.com/recep-bg

子供もしんどいことやつらいこと、いやなことや疲れることが続くと、ストレスを感じます。それを上手に解消できずに感じ続けると、症状がでるのは大人と同じですが、まずは心身が疲れやすくなるのが子供に多い傾向です。疲れた自分を引きずりやすいのですが、どうしてこんなに疲れを引きずるのか、つらいのかを自分ではなかなかわかりません。ストレスによる反応だとしても、そのことをなかなか認められなかったり、他人に相談できなかったりする特徴があります。

また、子供のストレス症状は、人間関係やコミュニケーションに現れることが多くあります。遊ぶ友達が変わったり、急に乱暴になったり、挨拶をしなくなったりと、周囲との関わり方が変わります。

大人の何気ない発言で子供が殻にこもってしまう

学校(または保育園や幼稚園)生活の変化以外にも、子供にはさまざまなストレス要因があります。最も大きい要因は、一緒に過ごしている大人たちでしょう。

コロナ禍で感染予防のため大人が常に緊張状態にあること、趣味や気分転換ができない大人自身がストレスを溜めていること、その他あらゆる新常態に対応、適応し切れていない大人たちの態度が、子供たちの目にどのように映っているか考えたことはあるでしょうか。

大人が何気なく発する後ろ向きな発言や自暴自棄的な発言、会社の決定や逆らえない上司への文句を言っている姿を見聞きするたびに、子供たちは「自分が悪い」「いい子にしなくては」「自分は文句を言ってはいけない」と感じ、心が殻にこもってしまうのです。

「娘がひきこもりがち」50代ベテラン女性社員の相談

今年の1月に産業医面談にきたAさんは、勤続20年以上の50代ベテラン女性でした。高校2年生になる次女が部屋に引きこもりがちで、昼夜逆転生活をしている。最近は遅刻や欠席もあり、学校生活や大学受験を思うと心配だという相談でした。

面談 ※写真はイメージです - iStock.com/fizkes

Aさんは、職歴の長さからも、社内でそれなりの地位にあります。人間関係のストレスにはさほど晒されないポジションにあり、昨年の人事評価も上々で、仕事に関してはメンタル不調になる原因はなさそうでした。が、最近は娘に関することで漠然とした不安に急に襲われ、仕事が手につかなくなることもあり、さらに動悸を感じることや睡眠障害が現れてきているようでした。

産業医面談では、まず娘さんについてカウンセリングを主体とした治療を受けることを提案し、Aさんにも医療受診と定期的な産業医面談を提案しました。また、娘さんがカウンセリングを受けた後は、嫌がらない範囲でどのような話をしたのか、いつでも聞かせてほしいと娘さんに伝えるようにお願いしました。そして、娘さんから話があった時は、アドバイスはせずに黙って聞くことに徹すること、最後には「話してくれてありがとう、応援したい、何かできることがあれば言ってほしい、またいつでも話を聞かせてほしい」とだけ伝え、自分の意見等は絶対に言わないことを約束してもらいました。

あわせて読みたい

「夏休み」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。