記事

「ホームレスの命はどうでもいい」と嘯く人たちの傲慢さと哀しさについて

1/2
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて生活困窮者向けに開かれた「なんでも相談会」。お金を失い、家を失いそうな困窮を訴える人が増えている。2020年12月19日(時事通信フォト)

 2000年代から声高に主張されることが増えた「自己責任論」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の出現によって弱まったかのように見えた。しかし、いまだに振りかざす人たちがいる。お金がなくて苦労していたり、仕事がうまくいかなかったり、家を失うのはその人自身に責任があるから、その人たちの命はどうでもいいというのだ。俳人で著作家の日野百草氏が、ホームレスの人たちとの出会いから、生殺与奪の権を握ったかのような気分で振る舞う傲慢さとその哀しさについて考えた。

【写真】ホームレスが販売員

 * * *
 これまで、たくさんのホームレスの方々と出会って来た。

 昨年冬、コロナ禍と凍てつくような寒さの東京、彼は裸足で正座したまま頭をコンクリートにこすりつけていた。気温は一桁台だっただろうか、地面にはいくばくかの小銭が置かれている。お金を入れる箱もない上に風が強く、紙幣は置けそうにない。筆者は財布に入った五百円玉を数枚、彼のそばに置いた。行き交う人々に、この行為はどう映っただろうか。「パフォーマンスに騙されて」と思われただろうか、それとも「偽善者が」と思われただろうか。筆者はパフォーマンスに騙されても問題ないし、偽善者でも構わない。もちろん、筆者も立派な人間ではないが、ホームレスの命はどうでもいいとまでは思わない。

「国の世話になるくらいなら死ぬよ」

 別のホームレス男性、笑って缶を潰し続ける。彼は鉄橋の下で暮らし、アルミ缶を集めていた。1日集めれば300円になるという。これが高いか安いかはわからないが、時給にすれば微々たるものかもしれない。

「昔は(1日)1000円くらい稼げたけど、最近は駄目だね。飲み屋も(コロナ禍で)やってないしね」

 こうしたホームレスの方々と接すると、時に怖い思いをすることもあったが、ほとんどの人は話し相手が欲しかったのか気さくに話をしてくれた。若いころ、救世軍の手伝いで炊き出しに参加したことがある。その時も、筆者は彼らホームレスの命をどうでもいいとは思わなかった。むしろ当時はゲーム誌の仕事が減っていたので、そのうち自分も並ぶ側になるだろうと思っていた。こうした命をどうでもいいとも思わなかった。だとすれば自分の命もどうでもよくなってしまう。筆者と彼らの命は、紙一重ではなく同一線上にある。

「女房も息子もいるよ。ただ、ここの生活が気楽なんだ」

 どこまで本当かはわからないが、彼が自分の力で生きていることは確かだ。1日300円の稼ぎでも、彼が1日働いた金だ。自力で生きる命だ。

みんな福祉に行って、仲間は減った

「ありがとうございます」

 雑誌『ビッグイシュー』を売るホームレスの男性もすっかり都会の風景だ。同誌を売る男性と懇意になったこともある。出会ったのは3年前くらいか、ベネディクト・カンバーバッチの表紙が欲しくて買った。バックナンバーも並んでいたのでリーアム・ニーソンの表紙を買った。いま彼の姿は見ないが、幸せにしていると思いたい。今回はオーランド・ブルームの表紙の号を買った。彼らハリウッドスターもまた、こうして自身が出来得る限りの協力をしている。これが、誰からも知られ愛される存在になる道を選ぶということだ。

 ビッグイシューと契約するホームレスはちゃんとこの雑誌を仕入れている。最初は無料で雑誌を卸してくれるとか。あくまで生活立て直しのための一環、いまもコロナ禍で路上に立って売っている姿を見る。素晴らしい制度だと思う。

「これ、食べ物の保存にいいんだよ」

 有名デリバリーサービスのバッグをダンボール上に置いている男性、てっきり配達でもしているのかと思ったら食料の保存用とか。スマホがないのでは注文は受けられないわけで、バッグはもういらないからと通りすがりの配達員からもらったそうだ。

「みんな福祉に行ったから、仲間は減ったね」

 福祉とは「福祉・介護ホームレス自立支援施策」のことを指しているのだろう。「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」が2002年に成立して以来、日本のホームレスの数は減っている。厚生労働省「ホームレスの実態に関する全国調査(生活実態調査)」によれば、2006年から比べて2万人以上もホームレスは減っている。もちろんあくまで把握できている数でしかないが、筆者が西新宿にいた1990年代後半など新宿中央公園含めホームレスだらけだった。その時代に比べれば明らかに減っている。

 日本の社会福祉は問題山積だが、1990年代などに比べれば福祉関係者の努力で小さな結果の積み重ねが実を結んだ形だ。もちろん見えない貧困という問題はあるが、福祉関係者の多くがたゆまぬ努力を続けてきた。ホームレス支援団体は結果を出してきた。厚生労働省は8月13日、「生活保護の申請は国民の権利です。」「生活保護を必要とする可能性はどなたにもあるものですので、ためらわずにご相談ください。」とTwitter上で緊急ツイートを発した。こうした努力は、確実に社会をアップデートしている。

 しかし、そうした努力の裏で、このコロナ禍にもホームレスに対する悲しい事件が起きている。ホームレスの命はどうでもいいという人間によって。

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  2. 2

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    NY市場が大荒れ 中国恒大集団の影響とアメリカそのものにも問題あり

    ヒロ

    09月21日 11:38

  9. 9

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  10. 10

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。