記事

河村市長に噛まれた金メダル交換に、後藤投手の意向はどれだけ反映されているのか

悪ノリでは済まされなかった(時事通信フォト)

 本人の思いとは裏腹に日本中を震撼させることになったメダル噛み事件。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察した。

【写真】メダルを噛んだことについて謝罪文を読み上げる河村市長

 * * *
 キモい、グロい、気持ち悪い、臭い、汚い、不衛生すぎる、吐き気がする、ゾッとする、正視に耐えない……。

 以上は、河村たかし名古屋市長がやらかした例の行為に対し、ネット上で噴出した言葉の代表的なところだ。これらに共通しているのは、圧倒的な生理的嫌悪感である。河村市長が表敬訪問に訪れた女子ソフトボール日本代表の後藤希友投手の金メダルに無断で噛みつき、その様子が動画ないし写真で広く知らされるや、たちまち悲鳴に近い非難の言葉が湧きまくった。

 たしかに私もその動画を目にした瞬間、このオヤジ何をやらかしているんだと驚いたし、全体の半分ほどが口中に押し込められた金メダルにきっと付着してしまったであろう唾液を想像して、汚ねえな、嫌なもん見せられちまったなと感じた。後藤投手が気の毒だとも思った。

 しかし、少し考えて、こうも思った。もしメダルに嚙みついたのが河村市長ではなく、すばらしく爽やかなイケメン俳優であったとしたらどうだろう。例えば、佐藤健なら? 斎藤工だったら? もしくは山下智久とか?

 噛みつき方にもよるが、いずれの場合も、生理的嫌悪感は相当薄まるのではないだろうか。それが佐藤なり斎藤なり山下なりのファンの感覚だったら、金メダルにさらなるプレミアがつくぐらいの話になりかわりはしないか。

 河村市長は72歳である。上記のような若い男たちとの比較はあんまりだと言うのなら、竹野内豊(50)ではいかが? 西島英俊(50)は? まだ若すぎるか。ならば、いささか癖は強くなるが、舘ひろし(71)だったらどう?

 人によって好悪の抱き方が違うのは当然だとしても、数多くのアンケートをとれば、噛まれても「気にならない」「むしろ嬉しい」などの回答がかなり多いはずである。なぜなら、上記した6人の俳優全員は『週刊女性』の「抱かれたい男ランキング」で上位に食いこんだ面々だからである。

 ちなみに同誌は「癒されたいランキング」も発表しており、そこにランクした芸能人に明石家さんま(66)がいる。さんまのあの前歯でメダルが噛まれたらどうか。笑って済ます人のほうが多いのではないか。同じくランクインしている所ジョージ(66)だとしても然りであろう。

 要は、生理的嫌悪感は行為そのもので決まるのではなく、例えば噛む人によってまったく好悪がかわってくる相対的なものだということだ。ゆえに、河村市長が後藤投手の金メダルに無断で噛みついたことはなるほど非常識なのだが、その非常識さゆえに大バッシングされたのではなく、市長の見た目や佇まいや醸し出す雰囲気などが、残念ながらマイナス評価のほうに傾きやすい部類だったので悲鳴があがったのだ。市長の権力をいいことに、なんたることをしたのだ、キモい、グロい、気持ち悪い……と想定外の大不評を買ったのである。

 でも、そんなふうに相対的な問題なので、肝心の当事者である後藤投手が、実際にどう感じていたのかは分からない。噛みつきの現場では、リアクションとして「ワハハ」と笑っていたが、それは恐らく彼女の社会性がそうさせたのだろう。その後、メダルを持ち帰って、噛まれてしまったことをどう感じたのかは、彼女がその思いを発信でもしない限り、当人以外には決して分からない。

 しかし、私を含めた我々の大半は、そんな話などおかまいなしに、圧倒的な生理的嫌悪感を示し、彼女に同情した。そして、そのうちの少なからずがネット上で事態を嘆き、河村市長に罵詈雑言を投げ続けた。

 その罵倒の勢いがあまりにも凄まじかったからであろう。マーケティング感覚に優れた後藤投手の雇い主でもあるトヨタが、「事件」の翌日である5日、さっそく「金メダルはアスリートの長年にわたる、たゆまぬ努力の結晶。またコロナ禍においてメダル授与ですら、本人が首にかけるという状況下においての今回の不適切かつあるまじき行為は、アスリートへの敬意や賞賛、感染予防への配慮が感じられず、大変残念に思う。河村市長には、責任あるリーダーとしての行動を切に願う」という抗議のコメントを出した。

 トヨタは言うまでもなく名古屋圏に君臨する巨大企業であり、東京五輪の大スポンサーでもある。5日に河村市長が囲み取材で謝罪をしたのは、トヨタの「力」に危機を感じたがゆえのことに違いない。その後、11日までにIOCが新しい金メダルに交換することを決めたのも、やはりトヨタの「力」だと思う。

 12日に河村市長が記者会見を開き、また謝罪をし、記者との問答では吊し上げのようなことになっていたが、このような大騒動に発展させたのは、トヨタの「力」、そしてその大企業のセンサーを反応させた我々の声である。集団ヒステリーと化した声、声、声。

 河村市長の噛みつき行為は、「きさくな72歳」という自らのキャッチコピーになんの疑いもなく、安易に実行した愚行だ。市長は、オヤジやジジイという属性が、どれだけ生理的嫌悪感を発動させやすいものなのか、あまりに理解が足りなかった。抱かれたかったり癒されたかったりする一部の芸能人などは飽くまで例外で、一般的な中高年男性はただそれだけでマイナスの存在なのである。そのぐらいの自覚がないと、キモい、グロい、気持ち悪い……と受け取られる言動をしかねないのである。

 今回の件で、河村市長はその重みを学んだだろう。そして、次の市長選に出馬するのなら、そのハードルは非常に高いものとなるだろう。民意はときに理不尽で残酷なのだ。

 それはそれなのだが、気になる点が一つ残る。それは後藤投手本人の気持ちだ。

 11日に配信された日本テレビ系(NNN)のニュースによると、〈後藤投手はかまれたメダルについて、チームで勝ち取って表彰式で授与されたものだとして、新しいメダルとの交換を辞退する意向を示していた〉という。〈しかし、萩生田文科相が「教育上非常に良くない。人の大切なものを口にいれるなんて」と問題視するなど、各方面からメダルの交換を求める声が高まり、交換が決まった〉らしい。

 この話が事実であれば、後藤投手のメダルはまた勝手な他人がいじっている。彼女が辞退の意向を示したのは、市長や世間に遠慮したからかもしれないが、噛まれたことをたいして気にしていなかったからかもしれない。生理的嫌悪感は相対的なものなので、それを感じる人によって本当にまるで違う。

 ゆえに、本人が示した意向こそを最大限尊重すべきなのだが、メダル交換という結論にどれだけそれが反映されているのか。噛んだ側も、事態を収拾する側も、メダルを獲得した本人の意向を聞こうとしないオヤジたちばかりのような気がしてならない。そういうオヤジの性質ほど嫌われやすいのに、である。

あわせて読みたい

「河村たかし」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。