記事

「努力すれば成功する、は間違っている」為末大がプロとしてそう発言した"本当の理由"

1/2

元プロ陸上選手の為末大さんは「ハードルのことは全然好きじゃない」と公言している。それではなぜハードル選手を目指したのか。独立研究家の山口周さんは「プロ野球などと異なり、陸上競技でプロになるにはグローバルのトップ10に入る必要がある。為末さんは『自分の身の置き場所』をよく考えている」という。経営学者の楠木建さんとの共著『「仕事ができる」とはどういうことか?』(宝島社新書)より一部を抜粋する――。(第2回)

「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2020」のトークセッションに登壇した、株式会社侍代表取締役社長で元陸上選手の為末大さん=2020年2月7日、東京都 - 写真=時事通信フォト

為末大「努力すれば成功する、は間違っている」の本当の意味

【山口】陸上400メートルハードルの為末大さんが、彼の哲学として「努力すれば成功する、は間違っている」と言ったことで炎上したりしていましたけど、彼が言うには日本のプロ野球って1軍登録選手が300人以上いて全員がプロとして食えているんですね。

つまり、野球の場合は日本国内において上位300人の中に入ればプロとして食っていけるわけです。一方で陸上競技を考えてみると、例えば100メートルスプリントとか400メートルハードルで「僕は日本国内で250位です」って自慢されても意味がわからないですよね。予選にすら出られない。

こういった種目で食おうと思ったらグローバルのトップ10に入らないといけない。これは「身の置き場所」としては非常に厳しいですよね。

【楠木】職業としてのプロのハードル選手だとそうでしょうね。

【山口】だからハードル競技はまさに稀少資源の配分としての競争の世界なんです。かたやプロ野球は日本だけでも2軍選手まで入れるとたぶん800人ぐらいは一応食えている状態なんですよね。だから、為末さんの話は「自分の身の置き場所」というのを考えたときに面白いなと思ったんです。

【楠木】面白いですね。

【山口】為末さんの場合、もともと100メートルのスプリントをやっていて、だけど100メートルのスプリントでは食えないというのでハードルに行って、そこで世界陸上でメダルを獲ってオリンピックにも日本代表で出場したという構図なんですけど、これがやっぱり競争のなかでの「身の置き場所」という話だと思うんです。

スキルはつけるものではなく、気づくもの

【楠木】為末さんと話をしていると、アスリートの世界にいながらあんまりアスリート的じゃない面がありますよね。価値基準を記録とか相手との勝負ではなく、自分の中に持っていこうというところがある。

【山口】与えられた競技やルールを所与のものとして、その中でひたすら頑張るのではなく、自分にとって有利な競技やルール、「勝てる場所」を見つけにいくことを頑張るという発想ですね。

【楠木】どの軸で勝負するかというのを自分で選んでいるということですよね。

【山口】そこなんです。話を聞いていると、彼はハードルのことは全然好きじゃないんですよね。ここが面白いところで、とても戦略的なんです。

【楠木】僕が彼と会って話したときの印象では、ハードルという競技そのものよりも、自分に固有の才能というか、才能を自己発見していくプロセスに思い入れがある。これって、才能というもののひとつの本質を突いていると思うんですよ。

才能というのは自分であとから気づくもの。つまり、さっきの話でいう事後性が高い。スキルの場合は事前に自らが意図して「こういうスキルをつけよう。だからこういう方法をとって」となるのに対して、センスとか才能というのは「自分にこんな才能があったんだ」ってある瞬間に気づくという面があると思うんですよ。

為末さんが子どものころに、走っていたら犬より速くって「俺、足が速いのかなと思った」というのを聞いて、いい話だなと思ったんですけど。

【山口】才能やセンスは自分にとって「できて当たり前」のことなんで、きっかけがないと「それが他人にとってはできないことなんだ」ということになかなか気づかないんです。その人のいちばんスゴイところほど、自分にとっては当たり前のことで、言語化したことすらないようなことですよね。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  7. 7

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  8. 8

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  9. 9

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。