記事

抹茶が海外で「エナジードリンク」として人気 セレブやアスリートも愛飲

 唐の時代に伝来し、日本で独自に花開いた茶道。長い歴史を持つ「抹茶」がいま、海の向こうで爆発的に流行している。伝統的な日本文化としてではなく、新たな「スーパードリンク」として、注目を浴びているのだ。海外セレブやアスリートも愛飲する抹茶には、私たち日本人がまだ知らない、スゴすぎる健康効果が隠されていた!

【写真4枚】スパイスが入るような「matcha」と書かれた缶に入る抹茶。金属のスプーンですくう瞬間。他、茶道具も

 アメリカには、歌手のジャスティン・ビーバーやビリー・アイリッシュなど、名だたるセレブが足しげく通うカフェがある。

 その名も『Matcha Bar』。2人の実業家が「学生時代、試験勉強をするときに抹茶を飲むと目がさえた」という経験をきっかけにニューヨークで始めたこのカフェでは、日本でも定番の抹茶ラテや抹茶のスイーツのほか、抹茶を使ったエナジードリンクまで販売している。ほかにも、『Cha Cha Matcha』『CHALAIT』など、ニューヨークには抹茶専門のカフェがずらりと並ぶ。いま、海外では抹茶が大ブームなのだ。

 7月27日には、ドイツの陸上短距離選手でモデルのアリカ・シュミット選手が、東京五輪選手村の食堂のバイキングで「抹茶わらびもち」が提供されたと、自身のインスタグラムでハートマークつきの写真を投稿したことが話題になった。

コーヒーよりすごい! 日本人の知らない抹茶の力

「お茶博士」として知られる、大妻女子大学のお茶大学校長の大森正司さんによれば、いまや抹茶は、日本より海外諸国で多く飲まれている。

「現在、日本のお茶の生産量は8万tほどですが、海外諸国の合計は毎年10万トン以上増えています。『MATCHA』がそのまま英単語として定着しているほどです」(大森さん・以下同)

 抹茶は玉露と並ぶ「緑茶の王様」。おいしいだけでなく、その作用も、ほかの飲み物とは一線を画している。

 エナジードリンクの原料として使われるだけあって、抹茶に含まれるカフェインは、1杯(茶葉約2g)あたり64mgと、コーヒーに匹敵する。しかし、飲んだときに摂取できるカフェインの量は、コーヒーよりも多いという。

「コーヒーは粉砕した豆を煮出すのに対し、抹茶は乾燥させた茶葉を石臼で粉末状にして、そのままお湯に溶いて飲む。お湯に抽出されるカフェインの量はコーヒーの方が多いですが、抹茶は茶葉ごと飲むので、結果的により多くのカフェインを摂ることができるのです。カフェインには、覚醒作用のほかに、脂肪の燃焼を助ける働きもあります」

 コーヒーに含まれる以上のカフェインを摂ったら、むしろ体に悪いのではないか、と感じるかもしれない。だが、抹茶には、カフェインの覚醒作用をおだやかにする「テアニン」が含まれている。

「カフェインがアクセルなら、テアニンはいわばブレーキ。摂取することでα波を出して心身をリラックスさせ、寝つきをよくする作用もあります。テアニンと一緒に摂ることで、カフェインによる興奮を抑えながら、自然に目を覚ますことにつながります」

 コーヒーや従来のエナジードリンクのように急激な覚醒作用がないので、いわゆる「カフェイン切れ」で頭がボーッとすることもない。

 抹茶に含まれる成分は、それだけではない。抗菌・消臭作用が高いことで知られる「カテキン」は、お茶にしか含まれない成分だ。

「カテキンには、抗酸化作用のほか、高い吸着性があることもわかっています。お茶でうがいをすると、吸着性によって粘膜が守られ、口臭予防になるほか、ウイルスなどの感染を防ぐ抗菌作用も高い。現在、新型コロナウイルスの感染予防にも役立てられないか、研究が進められています」

 管理栄養士の麻生れいみさんによれば、抹茶を飲むことで、現代人に必要なさまざまな栄養素を摂ることができる。

「100gの茶葉に含まれる食物繊維は38.5g、たんぱく質は29.6gと、非常に多い。

 さらに、デトックス効果のあるクロロフィル、リラックス作用や血圧降下作用のあるGABA(ギャバ)、抗菌作用のあるサポニン、高い抗酸化作用と免疫力の向上が期待できるβカロテン、虫歯予防になるフッ素のほか、ビタミンB群、ビタミンC、E、K、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄分、亜鉛……と、不足しがちなビタミンやミネラルまで、まんべんなく含まれています」(麻生さん・以下同)

 抹茶は、玉露などのいわゆる煎茶と同じ茶の木から採れるが、茶葉そのものをまるごと摂取できるのは抹茶だけ。煮出すだけでは摂取できない栄養素まで余すことなく体に取り入れられるのだ。

炭酸やジュースにまぜる!? NY式・抹茶のお作法

 では、私たち日本人より先に、抹茶の驚くべき効果に気づいたニューヨーカーたちは、どのように飲んでいるのだろうか。

『Matcha Bar』で売られている抹茶エナジードリンクのびんを見てみると、「Mint」「Apple Ginger」と、日本人には味の想像がつかないものも。

 ももやパイナップル、すいかなどのジュースや炭酸飲料に抹茶を加えたものも流行している。ジュースの黄色やピンク色に抹茶の緑色が2層になっていて、“インスタ映え”するのも人気の理由だ。

「最近では、日本で売っているような、冷たい牛乳にも簡単に溶ける抹茶パウダーが売られており、自宅で抹茶ラテを楽しむ人も増えています。

 以前からアメリカで流行している、牛乳にターメリック(うこん)パウダーを溶いた『ゴールデンミルク』に、さらにしょうがパウダーと抹茶パウダーをプラスした飲み方も人気です。

 ターメリックは認知症予防効果があるとされており、しょうがは血行を促進し、消化吸収をよくする作用が期待できます。果物やヨーグルトにそのまま抹茶パウダーをかけるのもメジャーな食べ方です。

 ただし、アメリカに限らず日本でも、抹茶の成分が少ない、単なる“抹茶風味”のパウダーも販売されているので、購入する際は成分表示の確認を忘れずに」

 大森さんは、慣れ親しんだ飲み方で抹茶を楽しむなら、夜はアイス、朝はホットで飲むことをおすすめする。

「リラックス作用のあるテアニンは冷たい水に溶け出しやすいのに対し、覚醒作用のあるカフェインは、熱いお湯の方がよく溶け出します。

 この性質を利用して、就寝前は水出し抹茶のテアニンでリラックスして眠りの質を上げ、朝目覚めたときはカフェインたっぷりの熱い抹茶を飲めば、スッキリと目が覚めるでしょう」(大森さん)

 いまや世界が認めるスーパードリンク「MATCHA」──あらためて、お点前(てまえ)頂戴してみましょうか。

※女性セブン2021年8月19・26日号

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  2. 2

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  3. 3

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  4. 4

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  5. 5

    中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

    NEWSポストセブン

    10月18日 15:16

  6. 6

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

  7. 7

    野党共闘の弊害 無敵の維新から票奪えるはずだった選挙区で「れいわ」降ろす

    田中龍作

    10月18日 13:47

  8. 8

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  9. 9

    小室圭さん、かつての勤務先を訪問 近況や結婚の報告か

    ABEMA TIMES

    10月18日 14:19

  10. 10

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。