記事

第8回:税制のプロセスとスケジュールを理解する

1/2

1.税制とは何か

今回は税制がテーマです。

「税金か。。。なにやら難しそうだな。。。」
「年末調整すら、書き方がわからなくて何度も書き直しているのに、国の税制を理解するなんて無理だ。。。」

なんて声が聞こえてきそうですね。

税制は敷居が高いと感じる方もいるかもしれませんが、この記事では、皆さんが政策を実現するために最低限知っておくべき事項をコンパクトにまとめていますので、ご安心ください。

税制は皆さんが作りたい社会を実現するためには、とても役立つ知識です。あまり知られていないかもしれませんが、文脈のよい税制改正要望は意外と実現できるケースがありますし、色々な民間団体が毎年盛んに与党や政府に要望を出しています。なので、この後を読んでいただいて、税制への理解を深めていただけるとうれしいです。

ちょっと過去の記事の内容に戻ります。

第一回目の記事「そもそも「政策」とは何か」で、政策とは

政府独自のリソースを活用して、人々の行動変容を促し、社会課題を解決する仕組み

と説明しました。


第一回目の記事では政策の中には、いくつか種類があることもお伝えしましたね。税制も、その中の一つに含まれています。

第5回:官民の本質的な違い‐官とのコミュニケーションのための必修科目‐で、お伝えしましたが、政策とはいわば、

・お客さんが選べない
・ほしくなくても、お金は払わないといけない

という厄介な商品のようなものです。
税制というのはこの2つめ、

「強制的に国民にお金を払わせる」という機能を担う政府のツールの一つです。

税制というのは、このように国がお金を徴収するものではありますが、収めるべき税金を安くすることで企業の活動にインセンティブを与えることもできます(例えば企業が研究開発に投じた費用の一定割合を法人税から差し引く研究開発税制があります)し、災害等により生活が苦しくなった人のために税金を払わなくてよくしたり(免除)、税金を支払う期限を後ろ倒ししたり(猶予)、様々な目的を達成するために活用できる便利な政策ツールでもあるのです。

コロナ禍においても事業者や個人の生活を守るため、様々な税制が作られています。

例えば、新型コロナウイルスの影響により収入が減少した人は、国や地方自治体に納める税金(メモ)を猶予するという税制がつくられました。
――――――――――――――――――――――――――――――
(メモ)国税と地方税
税の種類には大きく分けて2種類あります。
一つは国税、もう一つは地方税です。

国税とは税金を集める主体が国である税金のことを指します。地方税は税金を集める主体が都道府県や市町村である税金のことをいいます。
―――――――――――――(メモの説明終わり)―――――――― 

日本では、コロナ前から災害等があった場合に納税の期限を猶予する仕組みがありますが、もしそのような事情がなく税金を納めないと、財産を差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。

しかし、コロナ禍では、通常どおりの営業ができないことで、普段であれば得られる収入が得られず、苦しんでいる企業がたくさん出てきました。

そのような状況で、通常通りに税金を納めることを求めると、「これ以上事業を続けられない」と、廃業する企業が多く発生しかねません。

そこで、コロナ禍で一定の収入の減少があったような企業については、税金の納付を先延ばしにすることで、通常であれば利益を上げ、日本経済に貢献していたはずの企業を救おうとする税制が作られました。

これにより、コロナ禍で大きく経営に影響を受けた企業も(もちろん、持続化給付金や公的な融資などの直接的な資金援助と相まって)「コロナが落ち着くまで事業を継続」できる可能性が高くなります。

払わなければならない税金を増やしたり減らしたりすることで、人々の行動を変化させるのが税制の役割なのです。

2.国の税制づくりは表向きは8月末からスタート

実は、8月は国全体の税制の中身を決めるプロセスのスタートラインです。

例年8月末には、各省庁が、税制改正要望を財務省と総務省に提出し、公表します。

税制改正要望とは、国全体の税金(国税)の中身について取りまとめる立場にある財務省と都道府県や市町村の税金(地方税)の中身について取りまとめる総務省が、税金を安くしたり、高くしたりすることで所管する政策を前に進めたいと考える立場の各省庁から、次の年度の税制改正の提案を受けつけるものです。

3.税制は政策実現の強力な後押しになる

先ほども触れましたが、税制は人の行動に強い影響を与えたり、直接企業経営や人の生活を支えたりすることができるとても大事な政策手段です。皆さんが社会をよくするために進めたい政策を大きく前に進めることができます。

たとえば、このようなことが考えられます。

あなたが障害者を雇用する団体がもっと増えるべきだと考え、そのことが政府にも理解されたとします。

その場合、政府は、障害者を雇用する団体を支援するため、一定の割合で障害者を雇用している団体については、新しく建物を購入した場合に本来かかるはずの税や事業所の面積に応じて払うべき税を減額したりすることがありえます。

そうするとどうでしょう。障害者を雇用することにより、払わなければいけない税金が減るので、その取組を始めようとする人が増えるはず(※)です。
――――――――――――――――――――――――――――――
(※)後ほど説明しますがこの税制は「心身障害者を多数雇用する事業所に対する特例措置」として実在しています。
―――――――――――――(※の説明終わり)―――――――― 

このように、人々や自治体の行動に動機付けを与えるという意味で、税制には強い力があります。皆さんが社会のために必要と考える政策があるならば、税制の実現を是非目指してください。

ただし、新しい税制を実現するには、予算の場合と同様いくつものハードルを越えていく必要があります。

税制を作るという仕事は、本来支払うべき税金を一定の場合に減額したり、また増やしたりする話ですから、金額が大きければ予算全体に影響が出ます。また、政府内でも、税金を集める省庁(財務省、総務省)と集めてきた税金を使う省庁(厚生労働省や国土交通省などその他省庁)の両方が関係します。さらに、政府内の議論だけでなく、与党の議論が重要になります。

そのため、各省庁同士相談しながら税制を作っていかなければいけません。また、特定の条件をクリアした集団についてのみ税金を減額するなどによって、政策を進めていくというのが税制です。不公平な仕組みにならないよう、様々な角度から検証されますし、多くの人の理解を得て決める必要もあります。
だから、税制を作るプロセスは、関係者が多くとても長いのです。

予算と同じく税制も、毎年必ず新しい仕組みが作られるものですので、プロセスやスケジュールはあらかじめ決められています。だから、民間から何らかの税制の実現を目指したいのであれば、税制のプロセスとスケジュールを理解しておいてほしいのです。

そうでないと、せっかくよい内容の提案で、政治家や官僚が「実現したらよさそう」と思ってくれたとしても、時すでに遅しということになってしまいます。

具体的には、
・政策実現のために活用できる税金の種類
・国が税制を作るタイミング
・政府内での税制決定プロセス
・税制決定のキーパーソン
を理解しておくことが重要
です。

税制が出来上がるまでの表と裏のプロセスを理解し、皆さんの活動の参考にしていただければ嬉しいです。

あわせて読みたい

「税金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  6. 6

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  10. 10

    眞子さまと小室氏の結婚に米では歓迎ムード「ロミオとジュリエットみたい」

    NEWSポストセブン

    09月20日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。