記事

ずっと恐れていたことが今起きている 日本にとってデルタ株という本当のコロナウイルス感染

昨日のファクターX理論。日本人の優位性が無くなった今、東京、日本は明らかに1年前の欧米になっています。重症者が増えなければ何とかなると言っていたことを再度謝罪します。



>都が、現在確保している重症患者用の病床の使用率は55.6%となり、医療提供体制のひっ迫がさらに進む事態になっています
東京から埼玉への広域搬送なんて、東京と埼玉の人口/病院状況考えたらありえないことです。だって埼玉の病床はいつもいっぱいで、血液内科患者をよく東京に送っていた自分的には全く信じられない現象です。それだけ東京のコロナ重症患者がすごいことになっているんだということが理解できます。

自宅死亡も増えています。神奈川では入院できないという悲鳴も。そしてまだ余裕があるような数字が広報されていても実際はベッドがないという現実が千葉からあがっています

東京重症者は200人越え。この数は人工呼吸器、ECMOの数ですから、今後増えれば人工呼吸器が足りなくなる可能性すら出てきています。そう助かる命も助けられなくなるのです。

尾身先生はじめ分科会はこの2週間を乗り切るために提言を出しました。




▽買い物などの外出機会を半減させ
▽感染リスクが高いとされる百貨店の地下の食料品売り場やショッピングモールなどの人出を強力に抑えること
▽テレワークをさらに強化すること
▽外出をなるべくせず県を越える移動は控えること
などを求めています。


案では、今の状況を「災害医療」と捉えて国や自治体に対して医療体制を強化するよう求めていて
▽これまでコロナ対応に関わってこなかった医療機関に協力を求めることや
▽学校や職場などで体調が少しでも悪い場合は簡単に検査を受けられるよう促すこと
▽入院調整は保健所と都道府県との連携を強化して行うこと
などを求めています。

ずっと前からお願いだけでやってきたこと。にっちもさっちも行かなくなって、今これを出されても多分みんなニュースやテレビ見てないからな。それこそ小池知事の言葉も今ひとつ響きません。はっきりいうと犠牲者が出ないともう国民は動かないでしょう。それでもワクチンとインドの自然収束のような奇跡を信じたいですが。

日本にとってファクターXが効かないデルタ株という本当のコロナウイルス感染が起きています。いや今までのコロナは偽物でした。難しいかもそれませんが、トリアージ含めて犠牲者を少なくする方向に舵を切ることが必要になる状況だと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  8. 8

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  9. 9

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。