記事
  • ロイター
  • 2021年08月13日 02:50 (配信日時 08月13日 02:48)

ファンドマネージャー、一時的な米物価上昇前提に持ち高調整


[ムンバイ 12日 ロイター] - 金融大手のファンドマネージャーは、米国の物価上昇が一時的であり米連邦準備理事会(FRB)が資産買い入れの縮小に関する計画を明確に伝える見通しに基づき、株式に投資し続ける意向だ。先週から開催されているロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラムでの一連のインタビューで明らかになった。

ファンドマネージャーは、FRBが物価よりも雇用統計を重視する可能性があるという点で意見が一致した。一方、FRBがいつどのように資産買い入れの縮小を発表するかについてはさまざまな見解を示した。

UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのハフェル最高投資責任者(CIO)は「物価上昇が手に負えなくなるほどのものとはならない」と述べ、いくぶんの物価上昇に向けて持ち高を調整しているとした。ハフェル氏は、世界が新型コロナウイルスのデルタ変異株に対処する中、経済が急成長する時期に株価が底堅く伸びるリフレトレードに賭けている。エネルギー株と金融株、日本株などを選好。

未来アセット・グローバル・インベストメンツのチャダCIOは、FRBにとって中期的にデフレの方が大きな懸念事項となるとの見解を示した。投資サイクルを始めるために「物価上昇率が高い時期を歓迎する」だろうとの見方を示した。

ファンドマネージャーにとって最大の懸念事項はデルタ株と中国の経済成長鈍化による影響だった。資産運用会社リーガル&ジェネラルで小売りマルチアセットファンドを率いるOnuekwusi氏は「2016年は、中国の成長鈍化が世界に与える打撃を知った」と述べる。「資産縮小は延期されるだろう」との見方を示した。

一方、AIAグループのコニンCIOは、パウエルFRB議長が労働市場の基調的な底堅さについて言及していたことを指摘しFRBが今年の11月か12月までに資産買い入れの縮小を発表するとの見通しを示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  4. 4

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。