記事

つぎはぎだらけの開閉会式で世界に発信してしまった「痩せ細った日本の姿」

1/2

8月8日、東京オリンピックが閉幕した。増え続ける新型コロナ感染者、失言やら辞退やらのすったもんだ……。痩せ細った東京五輪は、痩せ細った日本社会の姿を映しているとコラムニストの河崎環さんは指摘する――。

東京2020オリンピック開会式のパフォーマンス。2021年7月23日撮影 東京2020オリンピック開会式のパフォーマンス。2021年7月23日撮影 - 写真=dpa/時事通信フォト

見たかったのはこれじゃなかった

見たかったのはこれじゃない。シンプルに、そう思った。コロナ、復興、サステナブル、エッセンシャルワーカーへの感謝、括弧付きの「多様性」、火消しとジャズと歌舞伎、いろいろな要素が粗雑に切り貼りされざるを得なかった、丸ごと「誰かに向けて組み立てられたアリバイ」のような開会式。

心のどこかで良い意味での裏切りを期待して観た閉会式は、開会式の抽象・観念中心のコンセプトから日本の具体的な「日常」や「暮らし」へ降りて魅力を伝えるという意思が感じられたものの、舞台や空間の使い方も小劇場的発想を脱していないとの印象が強く、否定できぬ失望と退屈の中で「いつどうやって終わるんだろう」と最後の着地を待った。

「国立競技場のアサガオが」「私たちの旅はまだまだ続きます」「この景色を忘れないで」との橋本聖子大会組織委員会会長の閉会スピーチは、どこかの中学の卒業式で人の良い校長先生が生徒に「贈る言葉」みたいだなぁ、と思いながら聞いた。バッハIOC会長のスピーチは、開会式の半分の尺になっていてホッとした。非難されることが前提で口を開く時、「誰からも非難されないことを意図した表現」とは「なんら相手の心に残らない表現」なのだとあらためて知る。

これは、ナショナルイベント規模の表現じゃない。もし開閉会式がフルサイズの有観客で、直前にさまざまな裏事情で降りていった人々がそこにいたのなら別物になったのだろうか。いや、きっと、全く、そういうことではないのだろう。感心したのは壮麗なプロジェクションマッピングや開会式のドローンだったけれど、それはピンポイントに「技術」の話だ。

痩せ細った開閉会式を世界に発信した

日本という社会、構造、組織が総出で五輪を台無しにした気がするのだ。世界中からやってきた選手たちの頑張りと輝きを否定する者など1人もいない。だが、「日本は2016リオ五輪のフラッグハンドオーバーがピークだった」と皮肉られるほど、痩せ細った五輪開閉会式を世界に発信することになったのは、日本という仕組みそのものが痩せ細っているからじゃないのか。

困難なのは世界中の誰もがわかっていた。この夏、五輪が本当に東京にやってくるまでの一連の過程を経験した日本の子どもたちは、「オリンピックって政治なんだ」と深く胸に刻み込んだだろう。

「見限られた」開会式

「日本はエンタメ二流国、センス悪い」「とことんグローバルサイズのエンタメが下手だよな」「全部、MIKIKOを降ろした電通のせい」「椎名林檎はどこ行った」「どうせ世界に通用するのはクールジャパンだけだったんだから、サブカル全力で世界の期待に応えればよかったんだよ」「日本でゲームと言ったらまず任天堂だろ。任天堂楽曲だけがまるっと不在なのは、前任チームの演出から任天堂を外して怒らせたから」。SNSで、視聴者の批評が沸き上がる。

昨年末にオリジナルの演出チームが解散、そこで潮目も演出方針も大きく変わってしまったと報じられた。あのオリジナルメンバーの顔ぶれなら、もしこの同じ状況でアリバイを作らされるにしても、もっと上等なトリック、上等な仕掛けで、上等な事件を起こしつつ巧妙なアリバイを企んだはず、と、心のどこかで夢を見る。ただ、オリジナルメンバーはもうそれに自分たちの創造性を費やすことに価値を見いださなかった。彼らがクビになったとか解散させられた、というのは手続き上の話。2020東京五輪のすったもんだを、ある意味、オリジナルの演出チームは「見限った」のだ。

去った人も、残った人もつらい

日本のエンタメを代表する錚々(そうそう)たる面々が去ったあと、漏れ聞こえてくる開会式周りの話は甚だお粗末だった。失言で誰かが降ろされたとか、直前に慌てて誰かと誰かが辞任したとか出演辞退したとか、ギリギリまで二転三転、日本全国が大騒ぎだったのは記憶に新しい。

そもそも開催自体に国内外から賛同も共感も得られないのだ。姿を変えて何度も襲ってくる地球規模の疫病という脅威、初めての経験、不安だったのはみな同じ。アサインされた制作チームも演者も、失敗前提、満身に批判を受けること前提で作らなきゃいけないストレスたるや、壮絶なものがあっただろう。

たぶん、降りた側の人々からしても、元々「できれば触りたくない案件」だっただろうことは、想像に難くない。そして、降りずに最後までその場に立ち続けた人たちも、最後まで自分の頭の中に自問自答の声が絶えることはなかったと思う。

東京五輪2020のイルミネーションが施されたスカイツリー ※写真はイメージです - iStock.com/Joel Papalini

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。