記事

「20歳まで生きられればいいと思っていた」ある女性が援デリをやめ、居場所づくりに関わるようになるまで【生きづらさを感じる人々38〜希咲の場合】

1/2
渋井哲也

「20歳までに死にたいと思っていました。すべての法律で大人になってしまう。それが嫌で。とりあえず、20歳まで生きればいいでしょ?」

希咲未來(21、仮名)は、18歳のころからずっとそう思っていた。なぜ、「死」が頭に浮かんだのか。その理由のひとつは、彼女とつながりのあった援助交際デリバリー(援デリ)の元締めが自殺したことだ。アルコールや睡眠薬、精神薬のオーバードーズ(OD、過剰摂取)をしたことが原因らしい。このとき、希咲も死のうとしたというが、死ねなかった。

一般に、援助交際の場合は、客を探すのも、行為をするのも本人だ。しかし、援デリではマッチングアプリやSNSなどで別人が客を探す。例えば、探す人が男性の場合もあり、そのときは女性のふりをする。客を見つけると、援助交際をする本人に連絡が行く。これが「援デリ」だ。

希咲が「援デリ」をしていたのは18歳の5月から19歳の12月。歌舞伎町の出会いカフェで待機して、客が確保できたらスマートフォンに連絡が来る仕組みだった。希咲はこの〝仕事〟をしていると、なぜか死に近い感覚があったという。

「ここで死ぬんだろうなと思っていたんです。周囲に薬物依存の子もいたし」

「死にたい」という感覚は中2の頃からあった。その頃、希咲は児童相談所に一時保護されていた。保護されたとは言え、一時保護所は快適な場所ではなかった。そのため、一緒に保護されていた子と窓のロックを外して、3階から飛び降りた。死のうとしたのだが、未遂となった。

父からの暴力、母からの暴言

希咲は父親から虐待を受けていた。小学生の頃、思い切って、学校で相談したが、父親が虐待を否定したために、家に帰されることになる。

「物心がついたときには虐待を受けていました。小6の頃、『家にいたくない』と思って、先生に言ったんです。児童相談所へ行くことになりましたが、体の傷は見せませんでした。とにかく、『家がやだ』と言っていたと思います。そこで親が迎えに来て、父は〝おれは何もやっていない。娘、返せよ〟と否定したんです。このとき保護されていたら、違ったと思います」

父親から、どんな虐待があったのか。

「鍋に頭を打ちつけられることがありました。2階の階段から突き落とされました。そのルーティーンみたいな。逃げるけど、引きずられて、階段から落とされるんです。けがをしても放置されましたね。殴られたはずみでストーブにぶつけて火傷したこともありますが、病院にも連れて行ってくれませんでした。虐待されているのを見ていた弟は『お姉ちゃん、死んじゃうから、やめて』と言っていました。母親は見ているだけでした」

母親からは、暴力はないが、暴言を吐かれていた。

「『お前なんか産まなきゃよかった』とか、『うちの子にはいらない』『そんなふうに育てた覚えはない』と言われていました、母親は父親に逆らえず、殴られていました。母親も病院には連れて行かない人なんです。病気になっても、電話帳で『お前が調べろ。どうせ保険証がないし、診察してくれないよ』『お金ないし。みてくれるところあるわけねえじゃん』と言われました。今、思えば、ネグレクトでした」

父からの性的虐待をきっかけに始まった自傷

中学に入ると、父親から性的虐待を受けた。

「中1の春、父親に〝女になったのか?〟と言われたんです。生理のことを言い、女として見たんだと思います。性的なことは全部されました。すべてがどうでもいいなと思いました。(行為が)終わった後、『もう無理!何これ?』って思いました。父親からは〝言うなよ〟と言われましたし。のちに、児相に対して、母親は〝そんなこと(性的虐待)ありません〟と言いました」

希咲は助けられることがなかった。中1の頃からリストカットを始めた。理由は、父親からの虐待があったからだ。

「気がついたらしていたんです。近くのスーパーでカッターを盗んで切っていたんです。どうしてリスカを知ったんだろう?多分、スマホからアクセスしたネットを見ていて、知ったんじゃないかな。偶然…」

そんな環境下でも、希咲は学校へは通っていた。担任や学校には家庭のことを話さなかったのだろうか。

「言いませんよ。アンケートにも書きません。ただ、一度だけ、書いたことがあるんです。『家が辛い』とか『リスカしている』とか。でも、そのまま親に見せられちゃいました。中2のときに、部活の顧問に〝お前なんか必要ない〟と言われて、学校で思い切りリストカットしたら、大騒動になりました。そのときに、アンケートを親に見せていました」

虐待について書いてあるアンケートを、当事者の親に見せる行為はリスクを伴う。2019年1月、千葉県野田市の栗原心愛ちゃん(当時10)が虐待の末に父親が死亡させた事件があった。このとき、心愛ちゃんは学校のアンケートで「お父さんにぼう力を受けています」と書いていた。そのアンケートのコピーを父親に渡していた。そのことを後で知り、希咲は「一緒じゃん」と思ったという。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。