記事
  • ロイター
  • 2021年08月12日 07:10 (配信日時 08月12日 08:01)

NY市場サマリー(11日)ダウ・S&P最高値、ドル下落

[11日 ロイター] -

<為替> ドルが下落。朝方発表された7月の米消費者物価指数の伸びが前月比で鈍化し、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の縮小(テーパリング)開始への圧力が一部和らいだ。

7月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前年同月比5.4%上昇と、コロナ禍が引き起こした供給網の混乱が続く中、13年ぶりの高水準にとどまった。一方、前月比では0.5%上昇と、6月の0.9%上昇から鈍化し、インフレがピークを付けた兆候も垣間見られた。

終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.17%安の92.915。CPI発表前には4月1日以来の高値となる93.195を付け、年初来高値の93.439に迫る場面もあった。

ユーロ/ドルは0.16%高の1.17395ドル、ポンド/ドルは0.2%高の1.38645ドル。円も対ドルで0.12%上昇し、110.445円を付けた。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 10年債利回りが一時4週間ぶり高水準を付けたものの、国債入札の結果を受け低下に転じるなど、不安定な展開となった。

財務省が実施した10年債入札は、最高落札利回りが1.340%と、入札前(WI)取引の1.375%を大きく下回った。応札倍率は2.65倍。アナリストによると平均は2.47倍だった。

終盤の取引で10年債利回りは1.5ベーシスポイント(bp)低下の1.327%。一時は1.378%と、4週間ぶりの高水準を付けていた。

30年債利回りは1bp上昇の1.994%。

2年債利回りは1.7bp低下の0.221%。

2年債と10年債の利回り格差は110.40bpに縮小した。

物価連動国債(TIPS)と通常の国債の利回り差で、期待インフレを示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、10年物が2.402%。前日は2.391%だった。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> ダウ工業株30種とS&P総合500種が終値ベースの最高値を更新した。米インフレ率の伸びがピークを付けたことを示唆する経済指標を受けた。一方、大規模なインフラ法案が可決されたことで、経済成長に関連するセクターが買われた。

この日発表された7月の消費者物価指数(CPI)は前月比では0.5%上昇と、6月の0.9%上昇から伸びが大幅に鈍化し、インフレ高進の可能性を巡る懸念が緩和した。

みずほ証券の米国チーフエコノミスト、スティーブン・リキウト氏は「米連邦準備理事会(FRB)はテーパリング(量的緩和の縮小)や利上げなどに言及してきたことから、この数字に少し困惑するだろう。ただ、確かにインフレがコントロール不能であることは示していない」と語った。

米上院は10日、超党派による1兆ドル規模のインフラ投資法案を可決したのに続き、気候変動などに対応する3兆5000億ドル規模の予算決議も可決した。

インフラ事業から恩恵を受けるとの期待を背景に、重機大手キャタピラーが3.55%高となり、ダウを押し上げた。同業ディアも2.51%上昇。建材サプライヤーのバルカン・マテリアルズは3.24%高、鉄鋼メーカーのニューコアは3.91%高となった。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> 米消費者物価指標を受けて金融緩和策の早期縮小に対する警戒感が後退し、続伸した。 中心限月12月物の清算値(終値に相当)は、前日比21.60ドル(1.25%)高の 1オンス=1753.30ドル。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 続伸した。米政権が石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」に増産を要請したことを受けて売られたが、その後、必ずしも即応を求めたものではないとの説明を受けて買い戻された。米国産標準油種WTIの中心限月9月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.96ドル(1.41%)高の1バレル=69.25ドル。10月物は0.96ドル高の69.02ドル。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY終値 110.40/110.43

始値 110.74

高値 110.75

安値 110.32

ユーロ/ドル NY終値 1.1737/1.1741

始値 1.1713

高値 1.1752

安値 1.1710

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 108*11.00 2.0014%

前営業日終値 108*24.00 1.9840%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*20.50 1.3354%

前営業日終値 102*18.50 1.3420%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*03.75 0.8067%

前営業日終値 99*01.25 0.8230%

2年債(指標銘柄) 17時03分 99*26.00 0.2206%

前営業日終値 99*24.88 0.2380%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 35484.97 +220.30 +0.62

前営業日終値 35264.67

ナスダック総合 14765.14 -22.95 -0.16

前営業日終値 14788.09

S&P総合500種 4447.70 +10.95 +0.25

前営業日終値 4436.75

COMEX金 12月限 1753.3 +21.6

前営業日終値 1731.7

COMEX銀 9月限 2348.8 +9.6

前営業日終値 2339.2

北海ブレント 10月限 71.44 +0.81

前営業日終値 70.63

米WTI先物 9月限 69.25 +0.96

前営業日終値 68.29

CRB商品指数 216.6971 +1.4636

前営業日終値 215.2335

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。