記事
  • ロイター
  • 2021年08月11日 15:55 (配信日時 08月11日 15:52)

モデルナのワクチン有効性、大規模治験でなく抗体でも判定=米論文


[ニューヨーク 10日 ロイター] - 10日発表の米研究機関の共同研究によると、米モデルナの新型コロナウイルスワクチンについて有効性の程度を探る上で、抗体レベルを調べることも良い手掛かりになる。コロナワクチンの今後の臨床試験(治験)を短縮できる可能性があるという。

医薬品規制当局は現在、ワクチンの有効性の判断ではプラセボ(偽薬)を使った比較コントロール式の大規模な臨床試験に頼らざるを得ない。この代替の判断材料に使えるとみられている。

研究は米フレッド・ハッチンソンがん研究センターや米国立アレルギー感染症研究所のほか、モデルナなどから集まった科学者が実施。昨年に始まった3万人参加のモデルナ臨床試験から得たデータを分析した。この臨床試験はモデルナワクチンが承認された際の論拠にもなった試験。今回の研究の査読はまだ行われていない。

研究によると、モデルナのワクチンは接種を受けた人の抗体レベルを向上させ、接種後にもかかわらずワクチンを突破して感染する「ブレークスルー感染」の発生率も下げた。

発表論文の執筆者によると、抗体レベルの判定がワクチンの有効性の指標に使えれば、偽薬比較コントロール式の臨床試験を大規模にしなくてもワクチン承認までの期間を短縮できることになる。複数のコロナワクチンが広く普及すれば、そうした臨床試験を大規模に実施することは難しくなるため、抗体レベルによる判断は有用という。

この執筆者は米ファイザー・ドイツのビオンテック連合のワクチンや英アストラゼネカのワクチンからのデータとも突き合わせると、ワクチンの有効性の代替指標として抗体レベルが使えるとの科学的証拠が重なっているとも指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。