記事

仁徳天皇百舌鳥耳原中陵に関する報国とお願い

 本日夕刻、仁徳天皇百舌鳥耳原中陵に参拝し、その後南側正面の礼拝地の左右で行われている「工事」を観察した。
 これが、陵墓の破壊であると全く気付かぬ風情の者達が、フェンスで囲って中が見えなくした「造成現場」で工事を続けている。しかし、工事現場の人を詰問しても仕方がない。
 工事を続けているのは次の組織である。
 
 発注者 宮内庁京都事務所 電話 075-211-1211
 施工者 (株)芝松組 電話 072-939-1543

 かつて、懐かしい昭和の象徴的な建物であった、美智子皇后陛下の御生家であった正田邸の解体を率先して推進したのも宮内庁であった。
 厚生省から宮内庁に人事異動でまわってきた者が、解体は皇后陛下のご意向であると、正田邸付近の住民で保存運動をしていた方に電話をかけて高圧的に語り保存運動をしないように命じてきた。
 そして、この者は後に宮内庁長官となり、長年その地位に居座っていた。
 この宮内庁の越権に対して、私は国有財産となっていた正田邸の解体を、こともあろうに皇后陛下の名をかたって高圧的に推進するとは何事かとの質問主意書を政府に提出した。
 
 正田邸解体を請負おうとした業者は、正田邸を眺めて、解体できませんと請負を辞退した。そこで政府は、日本人ではない解体業者を見つけてきて一挙に解体したのである。
 大きな文化の破壊を政府自身がしたのだ。
 本日、仁徳天皇百舌鳥耳原中陵の陵墓地を破壊してプレハブを建て事務所を新築しつつある現場を見て、この正田邸解体の時に味わった怒りがこみ上げてきた。

 そして本日、「仁徳天皇百舌鳥耳原中陵の宮内庁による『開発工事』の即時中止を求める質問主意書」を衆議院議長に提出した。今のところ、主意書は、六日に衆議院から内閣に送付され、十二日に内閣から回答が送られてくる予定である。
 もうすぐ、私のホームページの表紙で、クリックすれば本日提出した質問主意書を見ていただけるようにするつもりだ。

 我が国の行政組織は、如何に不当であっても、一旦組織で決めたことは、国民の声など知らぬ存ぜぬで最後までやってしまおうとする。それを阻止するには、多くの国民の声が政府に届く必要がある。
 万世一系の天皇を戴く日本の国民として、「こともあろうに宮内庁による仁徳天皇陵の破壊を許さない」
という断固とした声を、一人でも多くの諸兄姉が、宮内庁もしくは内閣にお届けいただきたい。

あわせて読みたい

「宮内庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。