記事

過度な円安にご用心(3)

前々回と前回の記事で懸念していたことが、今まさに現実化しつつあるようです。財務省が30日に発表した1月上旬(1日~10日)の貿易統計速報によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1兆709億円の赤字になったということです。同省が24日に発表した2012年の貿易統計によると、貿易赤字は6.9兆円と前年の2倍を優に超える規模まで膨らみましたが、2013年に入ってからは円安の影響があるとはいえ、わずか10日間で1兆円の赤字とは多過ぎます。

今の90円の水準でも危ないのに、為替が1ドル100円になるようなことがあれば、日本は2013年にも経常赤字国に転落する可能性が高まっていきます。そのような状況下で、日本政府が日銀に大量の国債を買わせようとすれば、ヘッジファンドの目には「日本売り」は大儲けをするチャンスとして映ってしまうのはいたしかたないのかもしれません。海外のヘッジファンドは今、日銀が本当に極端な金融緩和をするのか、その実現性をしっかりと見極めようとしています。

日銀の資料によると、国債利回りが1%上昇すると、大手銀行で2兆円、地方銀行で3兆円の損失が発生すると試算されています。また、国債利回りが1%上昇すると、国債の利払いが数兆円単位で増加すると言われています。

おそらくは、ヘッジファンドの日本売りが現実のものとなり、国債利回りが2013年初めの0.8%程度から2%も上昇するようなことがあれば、国と銀行の双方が大パニックに陥ってしまうのではないでしょうか。そして、日本はまさにスタグフレーションに陥ってしまい、国民生活は困窮することになるのではないでしょうか。

ですから私は、今の日本にとっては1ドル100円くらいが限界なのではないかと考えていますし、日銀はあまりにも積極的な量的緩和をやってはいけないと確信しています。極端な金融政策の修正や円相場の変動は、輸入インフレや財政危機、銀行危機を招く恐れがあり、マイナス面のほうがはるかに大きいのです。理想としては、円相場が90円程度で落ち着いてくれることが、国民にとっても、企業にとっても、国家財政にとっても、痛みが少ないバランスが取れたところだろうと考えています。

日本の政権を担う方やそれを支えるブレーンの方々には、もっと歴史を学んで大局的に物事を判断できるようになってほしいと切に願っています。そうでなければ、一般の国民が今以上の苦しみを味わい、不幸になってしまうからです。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  3. 3

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  4. 4

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    強豪スペインと渡り合ったサッカー日本代表 最後まで希望を失わない全員攻撃に感動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    08月04日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。