記事
  • ロイター
  • 2021年08月10日 07:35 (配信日時 08月10日 07:27)

インド政府、テスラ要望の輸入EV税率引き下げ検討=高官


[ニューデリー 9日 ロイター] - インド政府は、輸入電気自動車(EV)に適用する税率を最低40%に引き下げることを検討している。2人の政府高官がロイターに明かした。税率引き下げは、米EV大手テスラが要望していた。

高官によると、保険や輸送費込み価格が4万ドル未満の輸入EVの税率は現在の60%を40%に、4万ドル以上は100%を60%に下げる方向で話を進めている。高官の1人は「まだ方針を固めていないが、議論は進展している」と述べた。

インドの自動車市場は年間販売台数が約300万台と世界第5位の規模。ただその大半は価格が2万ドル未満で、EVが占める比率も極めて小さい。

こうした中でテスラは、輸入EV向け税率を40%に下げれば、価格面で手頃さが増し、販売増につながると主張してきた。業界内には、このような税制優遇は政府が推進する国内生産強化路線に反するのではないかとの見方も出ているものの、高官の1人は「多くのEVが輸入されているわけではないので、税率引き下げは問題にならない」と強調し、国内メーカーの懸念にも配慮する考えを表明した。

テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は先月ツイッターで、同社が輸入面の課題をクリアできればインドに生産拠点を設ける公算も大きくなるとした上で、現在の税率は高いとの見方を示している。

2人目の高官は、税率引き下げ対象車種がEVに限定される以上、比較的低価格のガソリン車を主に手掛けている国内メーカーにとって不安要素にならないと説明し、今は財務相と商工相、モディ首相が座長を務める政府系シンクタンクが原案を検討しているところで、今後全ての利害関係者と協議していくことになると付け加えた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。