記事

ひろゆき「何でも後回しにするだらしない人も秒速で作業を終わらせる方法はある」

1/2

やらなければならないことを、つい後回しにしてしまう癖はどうすれば直るのか。「論破王」と呼ばれるひろゆきさんは「人間にもともとやる気なんてものはない。それでも、締め切りまでにやるべきことを終わらせる方法はある」という――。

※本稿は、ひろゆき『無敵の独学術』(宝島社)の一部を再編集したものです。

カレンダー

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/AndreyPopov

今やっていることを変えるにはモチベーションが必要

もともと、「やる気」なんてものはありません。

人間には「今やっていることを継続したい」という意識が働いているだけなので、それをやめて別の行動をとるには、なんらかのモチベーション、動機づけが必要になってきます。

つまり、その動機づけができれば行動するモチベーションも上がります。

ちょっと極端ではありますが、たとえば「これをやらないと殺される」とか「今動かないと餓死する」というような、恐怖心なんかも大きな動機づけになりますよね。背に腹はかえられない、というやつです。

あるいは、「これをやれば1億円もらえる!」なんていう報奨を目の前にぶら下げられたら、行動をすぐにでも変えるという人はいると思います。

それはやる気の問題ではなく、恐怖とか報奨への期待といったデメリットやメリットによって、行動を選択しているというだけのことなのです。

「掃除をしないで漫画を読み続けていたら、殺される」という状況があれば、普通はすぐさま漫画を投げ出して掃除を始めますよね。あるいは「漫画を読まずに掃除をしたら1億円あげる」と言われたら、誰でも掃除に飛びつくわけです。

その原理は、言うことを聞かない子どもに何かをやらせるときとあまり変わらない感じで、とてもシンプルなものなのです。

「すぐやれちゃう人」は、なぜできるのか

やりたくないようなことであっても、すぐ行動できてしまう人というのは、このメリットやデメリットのイメージを自分のなかでつくりあげるのが上手なのだと思います。

たとえば、成功してものすごく幸せに過ごしている自分をイメージする。「あんなふうになれるんだ」という期待とともに行動を変える。

あるいは逆に、空っぽで何もなく寂しく生きている自分をイメージする。そうすると「ああ、そんなことになったら、家にいるのが超絶つらくなるだろうな」と思って、恐怖心から行動に変化が生まれる。

すぐに行動に移せる人の心理状態というのは、こういったものなのだと思いますし、その場合はコスパもめちゃくちゃいい。アタマの中でイメージするだけでモチベーションを上げることができるわけですから。

「モテたいから」「将来安泰だから」でもいい

さらに具体例を挙げてみます。

たとえば、受験生が「勉強を頑張って、絶対に早稲田大学に合格したい」と思っていたとします。

学習

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Tzido

大学の公式ホームページばかりを見るのではなく、実際にキャンパスライフを送っている人や、卒業した人たちが幸せそうに過ごしている様子をフェイスブックなんかで見て、「こんなふうになりたいなあ……」と思ってモチベーションを上げるのもひとつの方法です。

女の子にモテたいから、モテるイメージのある早稲田大学を受験したという人だって実際にいますし、大手企業に就職して「将来安泰」と感じたいから就職に有利な早稲田大学を受験したという人だっていると思います。メリットを得ることをモチベーションに変えたいい例ですね。

不安や怯えはモチベーションに変えられる

逆に、デメリットを被(こうむ)りたくないという思いから、大学に落ちて大変そうな人を見るのも動機づけになりますよね。

何年も浪人していて彼女もいなくて部屋にこもっています、みたいな人がたまにユーチューブに動画を上げていたりします。いわゆる「子供部屋おじさん」が、「俺はいつかは早稲田に行くんだ」と叫びながらひたすら時間を浪費しているのを見ると、「絶対にこうはなりたくない」という危機感が生まれる。そして、その怯えをハングリー精神に変えていくことができます。

幸せなゴールをイメージしてメリットを得ようとするのか、危機感から生まれるハングリー精神でデメリットをなくそうとするのかは、人によって「合う/合わない」があると思います。

自分をコントロールするのにどちらがより使いやすいかは、やってみないとわかりません。なので、実践してみて気に入ったほうを使うようにしてみたらいいのではないかと思います。

「この不安は当然なんだ」と認める

今の日本では、おそらく大多数の人が漠然とした不安をもっていると思います。しかも昨今はコロナ禍でもありますから、「この先の経済どうなってしまうのだろう?」「この仕事は大丈夫なんだろうか?」と、不安になる要素だらけなわけです。

逆に今、何も不安がないという人は「上がっている人」、人生ゲームでいうとすでにゴールに到達してしまった人だけだと思います。

ちょっと上から目線な感じになってしまいますが、僕自身は今後、よほどの悪さでもしない限り、一生食いっぱぐれることはないと思います。だから、経済的な理由で不安を感じるということもほぼありません。

だけど、まだ今、人生ゲームの途中にいるならば、不安を感じて当然だと思いますし、まともな人です。「この不安は当然なんだ」とまずは自分で認めてください。

あわせて読みたい

「西村博之(ひろゆき)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  6. 6

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。