記事

【Amazon Fresh】、通常店となる16店舗目がオープン!安くはないしアプリも使いづらい?


■ネット通販最大手のアマゾンは5日、ペンシルベニア州ワーリントン地区に16店舗目となる「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」をオープンした。

IT企業大手が開発したアマゾン・フレッシュはアマゾン傘下のホールフーズ・マーケットとは別事業のコンベンショナル食品スーパー。

ホールフーズが扱わない一般的な食品を扱い、ハイテクショッピングカートで利便性を向上しながらボピスなどのオムニチャネルに対応する。

ワシントンDCにオープンしたアマゾン・フレッシュ・ローガンサークル店から2週間ぶりの新店はターゲットとホームセンターのロウズを有する「ワーリントン・タウンシップ(Warrington Township)」にある。

アマゾン・フレッシュ・ワーリントン店は食品スーパーのジャイアント・フード(Giant Food)の跡地(389 Easton Rd, Warrington, PA 18976)に35,000平方フィート(約980坪)でオープンした。

近隣で競合となるのは大通りを隔ててウォルマート・スーパーセンターがあるほか、直線距離で約1キロメートルの場所にはアメリカで大人気の食品スーパーのウェグマンズもある。

南方向に車で5分のところにはディスカウントスーパーのアルディもあり、他のアマゾン・フレッシュと同様に食品スーパー激戦区での出店となる。

この新店は、アマゾンのレジなし技術「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」で小型となるローガンサークル店やフルサービスレジとレジなしを合体したハイブリッド型で14店舗目のファクトリア店(ワシントン州ベルビュー地区)とは異なり、通常のアマゾン・フレッシュとなる。

ローガンサークル店とファクトリア店の2店を除いてアマゾン・フレッシュには、一般的なフルサービスのレジの他にスマートショッピングカートの「アマゾン・ダッシュカート(Amazon Dash Cart)」を導入している。

ダッシュカートはコンピュータービジョンを内蔵した4つのカメラに重量センサー、タッチスクリーンを搭載した世界最先端となるショッピングカート。

ダッシュカートを使うことで買い物中も常に合計金額を確認でき、レジ行列に並ぶことなく会計を済ませることができるのだ。

16店目のアマゾン・フレッシュ・ワーリントン店は約3ヶ月となる通常店となる。

 アマゾン・フレッシュは来月でロサンゼルス郊外ウッドランド・ヒルズに1号店がオープンしてから1年を迎えるが、東部地区だけでも10店以上の出店が明らかになっている。

アマゾン・フレッシュはメリーランド州チェビー・チェース地区のジャイアント・フード跡地(5463 Wisconsin Ave Chevy Chase, MD 20815)やバージニア州フェアファックス郡にあるロートン地区(9409 Lorton Market St, Lorton, VA 22079)に出店予定だ。

バージニア州フォールズチャーチ地区にあるセーフウェイの跡地(5821 Crossroads Center Way Falls Church, VA 22041)にも出店する。

メリーランド州ゲイザースバーグ地区にあったオフィス・デポ跡地(15790 Shady Grove Rd Gaithersburg, MD 20877)やメリーランド州ベセスダ地区のジャイアントフード跡地(5463 Wisconsin Ave Bethesda, MD 20815)にも出店と噂されている。

バージニア州フェアフォックス(10360 Fairfax Blvd Fairfax, VA 22030)やバージニア州アーリントン(1550 Crystal Dr Arlington, VA 22202)にある物件もアマゾン・フレッシュとなる。

ワシントンDCではローガンサークル店に続いて、Hストリート・コリドーのアパート1階部分にオープンする店舗(901 H St NE Washington, DC 20002)も計画されている。

ニュージャージー州にあったフェアウェイ・マーケット・パラマス店(30 E Ridgewood Ave, Paramus, NJ 07652)とフェアウェイ・マーケット・ウッドランドパーク店(1510 US-96 Woodland Park NJ 07424)、それぞれ跡地への出店が決まっている。

フェアウェイ・マーケットではニューヨーク州ロングアイランドのプレインビュー店跡地(50 Manetto Hill Rd Plainview, NY 11803)にも出店だ。

ジョンFケネディ国際空港からほど近いオーシャンサイド地区でワルドバームズ・スーパーマーケット跡地(3620 Long Beach Road, Oceanside NY 11572)に出店が明らかだ。

ニューヨーク州ではニョーヨーク市から離れているもののアルバニー近くのトロイ地区にも出店がわかっている。

 アマゾン・フレッシュ1号店のオープンから2年もしないうちに30店舗以上の展開となるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。生活者の視点でアマゾン・フレッシュを見た場合の不満点は価格です。後藤は毎週、アマゾン・フレッシュのチラシを確認していますが、他のスーパーに比べてそれほど安さを感じません。

アマゾン・フレッシュの価格戦略は、バナナ1本15セントに4.97ドルのロティサリーチキン、89セントのフランスパンなどの毎日がお買い得(EDLP)の定番商品に、1週間を区切りに特売日にするハイ&ローのハイブリッド価格政策をとっています。バナナや丸焼きチキンの定番品は安さを演出していますが、毎週の特売品の安さはそれほどでもありません。

特売品をあまりにも安くすると、ネットスーパーを強みにするアマゾン・フレッシュでは売り切れ起こしてしまうからです。もう一つの不満は、アマゾン・フレッシュのアプリ操作。アマゾン・アプリからアマゾン・フレッシュのインストア機能にアクセスするのですが、若干分かりづらいのです。例えば以前は簡単にアプリから閲覧できたチラシ(PDF版)もアクセスしにくい仕様になっています。

 アマゾン・フレッシュの出店は続いていますが、価格やUIでもまだ改良が必要です。今は店への集客より、新規出店による多店舗展開が目標のようです。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。